Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

オペアンプ回路 - 反転アンプ

このモデルは標準的な反転オペアンプ回路を示しています。増幅率は -R2/R1 によって与えられます。値が R1=1K Ωおよび R2=10K Ω に設定された場合、0.1 V のピークツーピーク入力電圧は 1 V のピークツーピーク電圧に増幅されます。Op-Amp ブロックは理想的な (つまり増幅率が無限の) デバイスを実装するため、この増幅率は出力負荷に関係なく達成されます。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果