最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

選択したブロックのみのデータのログ作成

モデル全体のシミュレーション データのログをとる代わりに、選択したブロックのみのログをとることができます。

  1. ログ作成のコンフィギュレーション パラメーターを設定し、シミュレーション データのログをブロック単位で有効にします。

    モデル ウィンドウ上部のメニュー バーで、[シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左側のペインで [Simscape] を選択し、次に [シミュレーション データ ログ] パラメーターを [ローカル設定を使用] に設定します。[OK] をクリックします。

  2. モデルでブロックを選択します。これは、ログ作成のコンフィギュレーション パラメーターを設定する前でも後でも構いません。

    データ ログ作成用に選択する各ブロックについて、ブロックを右クリックします。コンテキスト メニューで、[Simscape][シミュレーション データ ログ] を選択します。[シミュレーション データ ログ] オプションの前にチェック マークが表示されます。

  3. モデルをシミュレートします。シミュレーションが完了すると、シミュレーション データ ログには選択したブロックのデータのみが含まれます。

以前に選択したブロックのデータのログを停止するには、ブロックを右クリックし、[Simscape][シミュレーション データ ログ] をもう一度選択してチェック マークを解除します。

[シミュレーション データ ログ] パラメーターを [すべて] に設定すると、シミュレーション ログには、選択しているブロックにかかわらず、モデル全体のデータが含まれます。[シミュレーション データ ログ] パラメーターを [なし] に設定すると、モデル全体のデータ ログ作成が無効になります。

関連する例

詳細