Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

SimscapeSimulink でのコード生成の違い

一般的に、Simscape™ モデルから生成されたコードの使用方法は、通常の Simulink® モデルから生成されたコードの使用方法と同様です。しかし、相違点もあります。

Simscape コードと Simulink コードは別々に生成

Simulink Coder™ ソフトウェアは、Simscape ブロックからのコードをモデル内の Simulink ブロックとは別に生成します。生成された Simscape コードは model.rtw や Target Language Compiler を通過しません。ただし、1 つのモデルから生成されたコードはすべて同じディレクトリに存在します。

コンパイラとプロセッサのアーキテクチャ要件

Simscape コードの生成と実行を行うには、次のものをサポートしているコンパイラとプロセッサが必要です。

  • 64 ビット精度浮動小数点演算

  • 32 ビット整数サイズ

サポートされているコンパイラのバージョンの詳細は、以下を参照してください。

https://www.mathworks.com/support/compilers/current_release

特定コンパイラ用のプリコンパイル済みライブラリ

Simscape ソフトウェアとアドオン製品では、Simulink Coder ソフトウェアがサポートしているコンパイラ用にプリコンパイルされた静的ランタイム ライブラリが提供されています。詳細については、以下を参照してください。

https://www.mathworks.com/support/compilers/current_release

この他のすべてのコンパイラについては、Simscape モデルからの生成コードに必要な静的ランタイム ライブラリはモデルごとに 1 回、コード生成のビルド プロセス時にコンパイルされます。

Simscape コードの再利用は不可

Simulink の再利用可能なサブシステムは、サブシステムから 1 度生成されたコードを再利用します。Simscape ブロックがあるサブシステムから再利用可能なコードを生成することはできません。

調整可能なパラメーターは使用不可

調整可能なパラメーターとは、シミュレーション実行中に変更できる Simulink ランタイム パラメーターです。Simscape ブロックでは、シミュレーションと生成コードのいずれでも調整可能なパラメーターを使用することはできません。

Simscape ランタイム パラメーターのインライン化に対するグローバル例外のオーバーライド

Simscape モデルから生成されたコードのパラメーターのインライン化を有効にすると、すべてのランタイム パラメーターがインライン化されます。グローバルな Simscape ブロックのパラメーターの一部をインライン化の例外として設定した場合、この例外は無視されます。グローバルな調整可能パラメーターの変更を行うには、モデルからコードを再生成する必要があります。