Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

有限ゲイン オペアンプ

この例では、Foundation ライブラリ ブロックを使用して忠実度の高い詳細なコンポーネント モデルを作成する方法を説明します。Foundation ライブラリ内の Op-Amp ブロックは、ゲインが無限、入力インピーダンスが無限、出力インピーダンスがゼロという理想的なケースをモデル化します。この例で、Finite Gain Op-Amp ブロックの開ループ ゲインは 1e5、入力抵抗は 100 KΩ、出力抵抗は 10 Ω です。その結果、このアンプ回路のゲインは、オペアンプのゲインを無限大と仮定して解析的に計算した場合のゲインより、わずかに小さくなります。

モデル

Finite Gain Op-Amp サブシステム

Simscape ログからのシミュレーション結果

プロット "Finite Gain Op-Amp Circuit Voltages" は、回路の入出力電圧を示します。入力抵抗と出力抵抗を定義せずに、回路で無限大ゲインのオペアンプを使用した場合、ゲインは 1+R2/R1 = 51 となります。このモデルでは有限のゲインに入力抵抗と出力抵抗を加えたオペアンプを使用しているため、回路のゲインはわずかに小さくなります。