最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル全体のデータ ログ作成の有効化

データ ログを使用すると、重要なシミュレーションおよび解析ツールへアクセスできるようになるため、Simscape™ モデルのベスト プラクティスです。したがって、関数 ssc_new またはいずれかの Simscape モデル テンプレートを使用してモデルを作成すると、モデル全体のデータ ロギングが自動的にオンになります。

しかし、他の手法で作成されたモデルの場合、既定では、シミュレーション データはログに記録されません。モデルのデータ ログ作成を有効にするには、[シミュレーション データ ログ] コンフィギュレーション パラメーターを使用します。

  1. モデル ウィンドウ上部のメニュー バーで、[シミュレーション][モデル コンフィギュレーション パラメーター] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左側のペインで、[Simscape] を選択します。右側のペインには [シミュレーション データ ログ] オプションが表示されます。このオプションは既定では [なし] に設定されています。

  3. ドロップダウン リストで [すべて] を選択してから、[OK] をクリックします。

  4. モデルのシミュレーションを実行します。これにより、simlog という名前 ([ワークスペース変数名] パラメーターで指定) のワークスペース変数が作成され、シミュレーション データが格納されます。

    この変数に格納されているデータへのアクセス方法およびその使用方法の詳細は、以下にリストされた関連する例を参照してください。追加のデータ ログ コンフィギュレーション オプションに関する情報の詳細は、データ ログ作成のオプションを参照してください。

関連する例

詳細