Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

気体オリフィス内のチョーク流れ

この例では、Local Restriction (G) ブロックによってモデル化された気体オリフィスのチョークの挙動を説明します。Controlled Reservoir (G) ブロックを使用して Signal Builder から制御された圧力と温度の境界条件を設定し、気体オリフィスをテストします。

開始時には、流れはチョークしていません。質量流量は、下流の圧力が低下するに従って増加します。3.3 秒の時点で流れがチョークします。チョーク時質量流量は上流の条件のみに依存するため、下流の圧力がさらに低下してもチョーク時質量流量はそれ以上増加しません。しかし、6 秒の時点で上流の圧力が上昇するため、チョーク時質量流量は再び増加に転じます。

モデル

Scope からのシミュレーション結果

Simscape ログからのシミュレーション結果