最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

物理量信号の操作

物理制御信号の送信のためのブロック

Physical Signal ライブラリには物理量信号を伝達するブロックが含まれており、機能別にまとめられています。これらのブロックを使うと、物理量信号に対し数学演算や測定を実行し、離散的動作や不連続点をモデル化し、物理的ソースをシミュレートすることができます。

物理量信号は通常の Simulink® 信号とは異なります。そのため、Physical Signal ブロックを Simulink の入出力端子に接続する変換ブロックが必要です。詳細は、Simscape のブロック線図と Simulink のソースおよびスコープとの接続を参照してください。

  • 遅延
    システム レベルにおける転送の現象をモデル化するブロック
  • 離散
    物理量信号をもつ離散およびイベントベース動作をモデル化するブロック
  • 関数
    物理量信号での数学演算を実行するブロック
  • 線形演算子
    物理量信号の連続時間関数をシミュレートするブロック
  • ルックアップ テーブル
    テーブル ルックアップを実行して物理量信号を生成するブロック
  • 非線形演算子
    物理量信号の飽和や不感帯などの不連続点をシミュレートするブロック
  • 周期的演算子
    周期信号を測定するブロック
  • Sinks
    他のブロックから物理量信号の出力を受信するブロック
  • ソース
    物理量信号のソースをシミュレートするブロック
  • ユーティリティ
    信号仕様などの物理量信号環境ブロック