Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

気体モデル

気体システムをモデル化するための基本ブロックと手法

Gas ライブラリには気体ドメインのブロックが含まれており、要素、ソースおよびセンサーにまとめられています。これらのブロックを、物理システムを組み立てるのと同じように接続します。マルチドメインの物理システムをモデル化するには、他の Foundation ライブラリやアドオン製品のブロックと共にこれらのブロックを使用します。

Utilities ライブラリには Gas Properties (G) ブロックが含まれており、これを使うと接続された回路の気体特性を指定できます。このブロックが提供する理想化レベルは、完全気体、半完全気体、実在気体です。詳細については、気体システムのモデル化を参照してください。

  • 要素
    チャンバー、タンク、局所的制限、変換器などの気体基本ブロック
  • センサー
    気体の質量流量、エネルギー流量、圧力、温度のセンサー ブロック
  • ソース
    気体の質量流量と圧力のソース ブロック
  • ユーティリティ
    気体特性を指定する基本環境ブロック
  • 気体システム
    気体システムの使用例