最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

医療用人工呼吸器と肺のモデル

この例では、陽圧の医療用人工呼吸器システムをモデル化します。事前設定された流量が患者に供給されます。肺は、湿り空気圧を並進運動に変換する Translational Mechanical Converter (MA) でモデル化されます。インターフェイスの断面積を 1 に設定することにより、機械並進ネットワーク内の変位が体積の代わりとなり、力が圧力の代わりとなり、バネ定数が呼吸エラスタンスの代わりとなり、減衰係数が呼吸抵抗の代わりとなります。

湿り空気混合体内の酸素と二酸化炭素の交換は、現時点ではモデル化されていません。

モデル

Check Valve 1 サブシステム

Control Signal サブシステム

Humidifier サブシステム

Scope からのシミュレーション結果

Simscape ログからのシミュレーション結果

次のプロットは、吸気チューブと呼気チューブに流れる空気の温度と相対湿度を示しています。室内の空気は加熱および加湿されてから患者に供給されます。

次のプロットは、定期的な排出が必要な、呼気チューブ内に蓄積される凝縮水を示しています。この水は、加湿器と患者の呼吸から発生します。