最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブレイトン サイクル (ガス タービン)

この例では、ブレイトン サイクルに基づくガス タービンの補助動力装置 (APU) をモデル化します。Compressor ブロックと Turbine ブロックは、Simscape™ Foundation Gas ライブラリに基づいたカスタム コンポーネントです。システムへの動力入力は燃焼器への熱注入によって表され、実際の燃焼化学はモデル化されません。タービンからの動力が圧縮器を駆動するように、単一のシャフトで圧縮器とタービンが連結されています。APU は、排気流をさらに膨張させて出力動力を生成するフリー タービンです。

3 つの PID コントローラーは、シャフトの速度、タービン入り口温度、および圧縮器のサージ マージンを制御します。システムの入力は、シャフト速度の変動、サージ マージンの変動、および APU のベーン開度の変動という 3 つのシナリオについて定義されています。最初のシナリオを実行すると、圧縮器マップ上に標準的な操作線が生成されます。2 番目と 3 番目のシナリオを実行すると、最大の動力出力と最大の全体的効率がどこで生じるかが示されます。

モデル

コントローラー サブシステム

Scope からのシミュレーション結果

Simscape ログの結果のアニメーション

次の図は、温度-エントロピー図上のブレイトン サイクルの経時的なアニメーションを示しています。図の 5 つのサイクル ポイントは、それぞれが "T,s 1" ~ "T,s 5" のラベルの付いたセンサー測定値に対応します。

Simscape ログからのシミュレーション結果