ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

wait (FevalFuture)

Future が完了するまで待機する

構文

wait(F)
wait(F,state)
OK = wait(F,state,timeout)

説明

wait(F) は Future の配列 F の各要素が 'finished' 状態になるまで実行をブロックします。

wait(F,state) は Future の配列 F の各要素が状態 state になるまで実行をブロックします。state の有効な値は 'running' または 'finished' です。

OK = wait(F,state,timeout) は最大 timeout 秒間、実行をブロックします。state になる前に timeout を超過した場合、OKfalse です。

R2013b で導入