Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

スレッド ワーカーでの MATLAB 関数の実行

parpool を使用してスレッドベースのプールを作成すると、MATLAB® およびその他のツールボックス内の数百個の関数をスレッド ワーカー上で実行できます。

parpool("threads");
parfor i = 1:100
    A(i) = max(eig(rand(3)));
end
スレッドベースのプールの詳細については、ThreadPool を参照してください。

ヒント

プロセス ワーカーの代わりにスレッド ワーカーを使用することにより、一部の並列ワークフローを改善できます。2 つのワーカー間の選択の詳細については、スレッドベースの環境またはプロセスベースの環境の選択を参照してください。

スレッド ワーカーでサポートされる関数の確認

スレッド ワーカーで完全にサポートされている MATLAB 関数のフィルター処理されたリストについては、スレッド ワーカーでサポートされている関数を参照してください。

parallel.pool.DataQueueparallel.pool.PollableDataQueue は、スレッド ワーカーで完全にサポートされています。

parpoolparforparfevalparfevalOnAlltall、および parallel.pool.Constant がサポートされており、以下の制限があります。

  • スレッドベースの並列プールには、クラスター オブジェクトが関連付けられていない。

  • afterEach および afterAll はサポートされていない。

  • FevalQueue はサポートされていない。

  • tall 配列は write をサポートせず、表形式のテキストとインメモリ入力のみをサポートする。

spmddistributed など、他の並列言語の機能はサポートされていません。

スレッド ワーカーでは、次の MATLAB のコア機能がサポートされています。

一般的に、スレッド ワーカーの外部にあるものを変更したり、それにアクセスしたりする機能 (次の MATLAB コア機能を含む) はサポートされません。

以下のイメージ形式を除く、imageDatastore および imread のすべての機能がスレッド ワーカーでサポートされています。

  • Flexible Image Transport System (FTS、FITS)

  • 階層データ形式 (HDF)

  • JPEG 2000 (J2C、J2K、JP2、JPF、JPX)

  • SVS、TIF、TIFF

スレッド ワーカーでは gpuArray がサポートされています。

参考