MacintoshLinux で推奨されるシステムの制限

UNIX® システム (Linux® または Macintosh) を使用する場合、オペレーティング システムの制限を調整することをお勧めします。インストールに応じて、ulimit または limit コマンドで制限の確認と設定を行います。これらのコマンドではルート アクセスが必要となる場合があります。

システムの制限推奨値オプション (ulimit)オプション (limit)

ユーザー プロセスの最大数

23741

-u

maxproc

オープン ファイル記述子の最大数

4096

-n

descriptors

たとえば、次のコマンドはユーザー プロセスの最大数を設定します。

ulimit - u 23741
limit maxproc 23741

シェル内で制限を変更すると、そのシェルと、それ以降にそのシェル内で開始される MATLAB® セッションのみが影響を受けます。この設定がシステム全体で持続するようにするには、関連するファイルを変更しなければなりません。

  • Linux – limits.conf ファイルを変更します。

  • Macintosh – plist ファイル (limit.maxfiles.plistlimit.maxproc.plist など) を変更します。

詳細については、システム管理者にお問い合わせください。

ulimitlimitlimits.conf の詳細については、それぞれの man ページを参照してください。

これらの設定がない場合、大規模な並列プールの作成時にエラー、ハング、ワーカーの消失が発生することがあります。これらの問題は、MATLAB がオペレーティング システムで許可されている数より多くのユーザー プロセスやファイル ハンドルを作成しようとした場合に発生します。

マシンのクラスターを使用する場合、マシンごとにユーザー プロセスの最大数を設定しなければなりません。

関連するトピック