Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

isequal

Future の ID が同じであれば true を返す

構文

eq = isequal(F1,F2)

説明

eq = isequal(F1,F2) は、Future F1F2 に同じ ID プロパティ値がある場合は logical 値 1 (true) を、それ以外の場合は logical 値 0 (false) を返します。

ワークスペースの Future オブジェクトを、キューに登録されている Future オブジェクトと比較します。

p = parpool('local',2);
q = p.FevalQueue;
Fp = parfevalOnAll(p,@pause,0,30);
F1 = parfeval(p,@magic,1,10);
F2 = q.QueuedFutures;
isequal(F1,F2)
1

R2014a で導入