ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

リリース別の GPU サポート

MATLAB® リリース別の NVIDIA® GPU アーキテクチャのサポートについては、次の表を参照してください。

  • - 組み込みのバイナリ サポート。

  • - NVIDIA の "上位互換性" によりサポート (再コンパイルが必要)。この MATLAB リリースは、この GPU アーキテクチャが使用可能になる前にビルドされました。使用しているデバイスがライブラリよりも新しいため、CUDA® ドライバーは GPU ライブラリを再コンパイルしなければなりません。MATLAB から GPU への初回のアクセス時に、コンパイルに数分かかる場合があります。この遅延の再発を防ぐには CUDA のキャッシュ サイズを増やします。詳細については、CUDA のキャッシュ サイズの増加を参照してください。

cc 番号は GPU アーキテクチャの Compute Capability を示します。GPU の Compute Capability をチェックするには、関数 gpuDevice の出力の ComputeCapability を確認します。あるいは、CUDA GPU (NVIDIA) を参照してください。CUDA Toolkit のバージョンは、使用されている CUDA ライブラリのバージョンです。CUDA Toolkit にはそれぞれ、同じバージョン以降の CUDA ドライバーが必要です。独自の CUDA 対応 MEX 関数または CUDA Kernel オブジェクトを作成する場合は、このバージョンの CUDA Toolkit をインストールします。詳細については、CUDA コードを含む MEX 関数の実行およびGPU での CUDA または PTX コードの実行を参照してください。

MATLAB リリースCUDA ToolkitTesla (cc1.3)Fermi (cc2.x)Kepler (cc3.x)Maxwell (cc5.x)Pascal (cc6.x)Volta (cc7.x)
R2010b3.1

R2011a3.2

R2011b4.0

R2012a4.0

R2012b4.2

R2013a5.0

R2013b5.0

R2014a5.5

R2014b6.0 

R2015a6.5 

R2015b7.0 

R2016a7.5 

R2016b7.5 

R2017a8.0 

R2017b8.0 

R2018a9.0  

R2018b9.1  

CUDA のキャッシュ サイズの増加

使用している GPU アーキテクチャが MATLAB リリースの組み込みバイナリ サポートに対応していない場合、グラフィックス ドライバーは GPU ライブラリをコンパイルしてキャッシュしなければなりません。MATLAB からはじめて GPU にアクセスしたときに、このプロセスに数分かかる場合があります。この遅延の再発を防ぐために CUDA のキャッシュ サイズを増加するには、環境変数 CUDA_CACHE_MAXSIZE を少なくとも 536870912 (512 MB) に設定します。環境変数の設定に関するヘルプは、環境変数 MATLABPATH の設定 (MATLAB)の例を参照してください。

関連するトピック

外部の Web サイト