Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getLocalPart

対話型分散配列のローカル部分

構文

L = getLocalPart(A)

説明

L = getLocalPart(A) は対話型分散配列のローカル部分を返します。

配列を作成し、その配列をすべてのワーカーに分散します。各ワーカーのローカル部分を取得します。

parpool("local",4);
spmd
    A = magic(4);   % replicated on all workers
    D = codistributed(A, codistributor1d(1));
    L = getLocalPart(D)
end
Worker 1: 
  
  L =
  
      16     2     3    13
  
Worker 2: 
  
  L =
  
       5    11    10     8
  
Worker 3: 
  
  L =
  
       9     7     6    12
  
Worker 4: 
  
  L =
  
       4    14    15     1
  

バージョン履歴

R2009b で導入