ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fetchOutputs (job)

ジョブ内の全タスクから出力引数を取得する

構文

data = fetchOutputs(job)

説明

data = fetchOutputs(job) は、完了したジョブのタスクに含まれる出力引数を取得します。ジョブに M 個のタスクがある場合、M 行 N 列の cell 配列 data に、ジョブ内の対応するタスクの出力引数が格納されます。各行には N 個の要素があります。ここで、N はジョブ内の任意のタスクにある出力引数の数のうち、最大のものです。行の N 個の要素は、そのタスクの出力引数を含む配列です。タスクの出力引数が N 個未満の場合、そのタスクの行内の余分な配列は空になります。data 内の行の順序は、ジョブの Tasks プロパティに含まれるタスクの順序と同じです。

fetchOutputs の呼び出しでは、出力データは保存先から削除されません。出力データを削除するには、関数 delete を使用して個々のタスクまたはジョブ全体を削除します。

ジョブが 'finished' 状態にないか、またはタスクのいずれかで実行中にエラーが発生した場合、fetchOutputs はエラーをレポートします。正常に完了したタスクがある場合は、タスクの OutputArguments プロパティから出力引数に直接アクセスできます。

乱数行列を生成するジョブを作成します。

myCluster = parcluster; % Use default profile
j = createJob(myCluster,'Name','myjob');
t = createTask(j,@rand,1,{10});
submit(j);

ジョブの完了を待ち、乱数行列を取得します。

wait(j)
data = fetchOutputs(j);
data{1}

R2012a で導入