snapshot

Android デバイスのカメラから 1 つのイメージ フレームを取得

説明

[img,timestamp] = snapshot(cam,shutterMode); は、指定したシャッター オプション shutterMode を使用して、Android™ モバイル デバイスのカメラ cam から、1 つのイメージとそのタイムスタンプを取得します。関数 snapshot は、デバイス上でカメラ プレビューを開き、MATLAB® で、現在のフレームを RGB イメージとして返します。イメージの解像度は、camera オブジェクト camResolution プロパティで指定されます。

image を使用してイメージをプレビューします。

すべて折りたたむ

Android モバイル デバイスのカメラから、即時シャッター モードを使用して 1 つのイメージ フレームを取得します。この例を実行するには、MATLAB Mobile™ が Android デバイス上にあり、MathWorks® Cloud に接続していなければなりません。詳細については、デバイスへの MATLAB Mobile のインストール (MATLAB Mobile for Android)およびクラウドへのサインイン (MATLAB Mobile for Android)を参照してください。

Android デバイス上で MATLAB Mobile を起動します。

MATLAB Mobile[コマンド] 画面で、mobiledev オブジェクト m を作成します。

m = mobiledev
m = 
mobiledev with properties:

                   Connected: 1
            AvailableCameras: {'back' 'front'}
                     Logging: 0
            InitialTimestamp: ''

   AccelerationSensorEnabled: 0
AngularVelocitySensorEnabled: 0
       MagneticSensorEnabled: 0
    OrientationSensorEnabled: 0
       PositionSensorEnabled: 0

Supported functions

デバイスの 'back' カメラへの接続を作成します。

cam = camera(m,'back')
cam = 
  Camera with properties:

                    Name: 'back'
    AvailableResolutions: {'640x480'  '1280x720'}
              Resolution: '640x480'
               Autofocus: 'on'
                   Flash: 'off'

カメラから 1 つのイメージとタイムスタンプを取得します。デバイス上でカメラ プレビューが開き、イメージが即座にキャプチャされます。

[img,t] = snapshot(cam,'immediate');

取得したイメージを MATLAB Mobile で表示します。

image(img)

Android モバイル デバイスのカメラから、手動シャッター モードを使用して 1 つのイメージ フレームを取得します。この例を実行するには、MATLAB Mobile が Android デバイス上にあり、MathWorks Cloud に接続していなければなりません。詳細については、デバイスへの MATLAB Mobile のインストール (MATLAB Mobile for Android)およびクラウドへのサインイン (MATLAB Mobile for Android)を参照してください。

Android デバイス上で MATLAB Mobile を起動します。

MATLAB Mobile[コマンド] 画面で、mobiledev オブジェクト m を作成します。

m = mobiledev
m = 
mobiledev with properties:

                   Connected: 1
            AvailableCameras: {'back' 'front'}
                     Logging: 0
            InitialTimestamp: ''

   AccelerationSensorEnabled: 0
AngularVelocitySensorEnabled: 0
       MagneticSensorEnabled: 0
    OrientationSensorEnabled: 0
       PositionSensorEnabled: 0

Supported functions

デバイスの 'back' カメラへの接続を作成します。

cam = camera(m,'back')
cam = 
  Camera with properties:

                    Name: 'back'
    AvailableResolutions: {'640x480'  '1280x720'}
              Resolution: '640x480'
               Autofocus: 'on'
                   Flash: 'off'

手動シャッター モードを使用して、カメラから 1 つのイメージとタイムスタンプを取得します。デバイス上でカメラ プレビューが開きます。モバイル デバイスを移動させて、目的のイメージをプレビューでキャプチャできます。デバイスのシャッター ボタンを押してイメージを取得します。

[img,t] = snapshot(cam,'manual');

取得したイメージを MATLAB Mobile で表示します。

image(img)

入力引数

すべて折りたたむ

Android モバイル デバイスのカメラの接続。camera オブジェクトとして指定します。

シャッター モード。'immediate' または 'manual' として指定します。

  • 'immediate' — 指定したカメラがデバイス上で開き、snapshot を呼び出したときにイメージをキャプチャします。

  • 'manual' — 指定したカメラがデバイス上で開き、シャッター ボタンをタップしたときにイメージをキャプチャします。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

RGB イメージ データ。n x n x 3 の値の行列として返されます。

データ型: uint8

イメージ データのタイムスタンプ。datetime 配列として返されます。

データ型: datetime

R2019a で導入