Main Content

3 次元プロットの作成

この例では、関数 plot3 を使用して MATLAB で 3 次元ライン プロットを作成する方法を説明します。

要素間の増分値として pi/50 を使用して、0 から 10*pi まで一定間隔で区切られたベクトル t を作成します。

t = 0:pi/50:10*pi;

t の各値の正弦を計算します。

st = sin(t);

t の各値の余弦を計算します。

ct = cos(t);

関数 'plot3' を使用して、一連のデータ点の 3 次元プロットを表示します。

figure;
plot3(st, ct, t)
xlabel('sin(t)')
ylabel('cos(t)')