Main Content

2 次元プロットの作成

この例では、関数 plot を使用して MATLAB で 2 次元ライン プロットを作成する方法を説明します。

要素間の増分値として pi/100 を使用して、0 から 2*pi まで一定間隔で区切られたベクトル x を作成します。

x = 0:pi/100:2*pi;

x の各値の正弦を計算します。

y = sin(x);

figure コマンドを使用して新しい Figure を作成し、plot コマンドを使用して結果を表示します。

figure;
plot(x, y)

見る人にグラフの目的がわかるように、軸にラベルを付け、タイトルを追加します。

xlabel('x')
ylabel('sin(x)')
title('Plot of the Sine Function')

ライン スタイル、色およびマーカー (マーカーは、プロットされた各データ点に表示される +、o、* などの記号) を指定して、同じ変数をプロットできます。ラインの指定の詳細については、'help plot' を使用してください。

この例の 'r--' 文字列は、赤の破線を指定します。

figure
plot(x, y, 'r--')
title('Plot of the Sine Function (Red Dashed-line)')

既存の Figure にプロットを追加するには、hold を使用します。

figure
plot(x, y)

hold on

y2 = cos(x);
plot(x, y2, ':')
legend('sin', 'cos')
title('Plot of Sine and Cosine Functions')

既存の Figure に重ねるプロットを停止するには、'hold off' を使用します。

hold off