Main Content

poslog

モバイル デバイス センサーからログ記録された位置データを返す

説明

[lat, lon, timestamp, speed, course, alt, horizacc] = poslog(m) は、これらの 1 つ以上の変数のログ記録された位置データを返します。ここで、m はセンサー データを取得する mobiledev オブジェクトの名前です。出力変数はそれぞれ緯度、経度、タイムスタンプ、速度、進路、高度、水平精度の N 行 1 列のベクトルです。ここで、N は取得期間中に取得されたサンプルの数です。位置データは、GPS、WiFi またはセルラー ネットワークの中から、いずれか利用可能なものを使用して取得されます。

すべて折りたたむ

この例では、モバイル デバイス上で MATLAB® Mobile™ をインストールおよび設定済みであると仮定します。それを行っていない場合は、お使いのデバイスへの MATLAB Mobile のインストールを参照してください。

MATLAB の別のセッションでデータを読み取るには、MATLAB Online™、またはローカル コンピューターの MATLAB を起動します。ローカル インストールを使用してセンサー データを読み取る場合、次のサポート パッケージのうち、お使いのモバイル デバイスに適したものが必要です。

  • MATLAB Support Package for Apple iOS Sensors

  • MATLAB Support Package for Android™ Sensors

デバイス上で MATLAB Mobile を起動します。

[センサー] 画面で、[位置] センサーをタップします。

センサー データを取得する場所にデバイスを配置します。

MATLAB セッションで、mobiledev オブジェクト m を作成します。

m = mobiledev

Logging プロパティを有効にして、データのログ記録を開始します。

m.Logging = 1

この操作により、選択したすべてのセンサーからのデータ送信が始まります。MATLAB Mobile[開始] ボタンをタップして送信を開始することもできます。

緯度、経度、タイムスタンプ、速度、進路、高度、水平精度に関してログ記録された位置データを取得します。

[lat, lon, t, speed, course, alt, horizacc] = poslog(m)

メモ

位置データは、その収集方法により、すぐには表示されない場合があります。データにラグが見られる場合があります。

デバイスを基準とした X 軸、Y 軸、Z 軸を示す図については、デバイスの向きを参照してください。

出力引数

すべて折りたたむ

緯度ログ データの変数の名前。赤道を基準とした緯度の値が N 行 1 列のベクトルとして、度単位で返されます。正の値は北緯を示します。

経度ログ データの変数の名前。基準子午線を基準とした経度の値が N 行 1 列のベクトルとして、度単位で返されます。正の値は東経を示します。

タイムスタンプの変数の名前。モバイル デバイス上の位置センサーからのタイムスタンプが N 行 1 列のベクトルとして返されます。秒単位で、InitialTimestamp プロパティを基準とします。

速度ログ データの変数の名前。速度の値が N 行 1 列のベクトルとして、メートル/秒単位で返されます。

進路ログ データの変数の名前。真北を基準とした進路の値が N 行 1 列のベクトルとして、度単位で返されます。

高度ログ データの変数の名前。高度の値が N 行 1 列のベクトルとして、海抜メートル単位で返されます。

水平精度ログ データの変数の名前。緯度と経度を中心とする円によって定義される半径方向の水平精度の値が N 行 1 列のベクトルとして、メートル単位で返されます。

バージョン履歴

R2015a で導入