Main Content

mobiledev

モバイル デバイス センサーからデータを取得する mobiledev オブジェクトを作成

説明

m = mobiledev は、同じ MathWorks® アカウントで MATLAB® Mobile™ を実行している任意のデバイスからセンサー データを読み取る mobiledev オブジェクト m を作成します。このオブジェクトは、サポートされている任意のセンサー (加速度、角速度、方向、磁場、位置、マイク、カメラ) からのデータを読み取ることができます。検出用に設定しているデバイスが 1 台だけの場合、この構文は引数なしで使用します。同じデバイス用に複数のオブジェクトを作成することはできません。

m = mobiledev(devname) は、devname によって識別されるデバイスからデータを読み取る mobiledev オブジェクトを作成します。この構文は、MathWorks アカウントに複数のデバイスが接続されている場合に使用します。それぞれ別々のデバイスに対応する複数の mobiledev オブジェクトを、サポートされている上限まで作成できます。使用可能なデバイスのリストについては、mobiledevlist を使用してください。

すべて折りたたむ

この例では、同じ MathWorks アカウントで実行しているデバイス上で MATLAB Mobile をインストールおよび設定済みであると仮定します。それを行っていない場合は、お使いのデバイスへの MATLAB Mobile のインストールを参照してください。

モバイル デバイス上で MATLAB Mobile を起動します。

[センサー] 画面で、データの送信元とするセンサーをタップします。

センサー データを取得する場所にデバイスを配置します。

MATLAB で、mobiledev オブジェクト m を作成します。

m = mobiledev
mobiledev with properties:

                      Device: 'iPhone - iPhone 11 Pro Max'
                   Connected: 1
                     Logging: 0
            InitialTimestamp: ''

   AccelerationSensorEnabled: 1
AngularVelocitySensorEnabled: 1
  MagneticFieldSensorEnabled: 1
    OrientationSensorEnabled: 1
       PositionSensorEnabled: 1

オブジェクトの作成時に表示される画面で、1 の値は有効であることを示し、0 は無効であることを示します。デバイスと MATLAB は接続されていますが、データはまだ交換されていません。

データのログ記録を開始するには、Logging プロパティを有効にします。

m.Logging = 1

この操作により、選択したすべてのセンサーからのデータ送信が始まります。

センサー データ用に設定しているデバイスが複数ある場合は、どのデバイスをデータ送信に使用するかを指定できます。前の例の説明に従ってデバイスを設定します。

MATLAB でデバイスを識別します。

mobiledevlist
ans =  

 2×2 table
 
 Device  Status  
 ______________________________  ____________________
 
 {'Pixel 3'}                    {'Ready To Connect'}
 {'iPhone - iPhone 11 Pro Max'} {'Ready To Connect'}

特定のデバイスの mobiledev オブジェクトを作成します。

m = mobiledev('iPhone - iPhone 11 Pro Max')
mobiledev with properties:

                      Device: 'iPhone - iPhone 11 Pro Max'
                   Connected: 1
                     Logging: 0
            InitialTimestamp: ''

   AccelerationSensorEnabled: 1
AngularVelocitySensorEnabled: 1
  MagneticFieldSensorEnabled: 1
    OrientationSensorEnabled: 1
       PositionSensorEnabled: 1

ここから、前の例と同じ方法でデータにアクセスします。

入力引数

すべて折りたたむ

デバイス名。string または文字ベクトルとして指定します。この値はデバイス設定によって決まります。使用可能なデバイスとそれらの名前のリストには、関数 mobiledevlist を使用してアクセスできます。

例: "Pixel 3"

データ型: char | string

バージョン履歴

R2015a で導入