Main Content

disp

mobiledev オブジェクトのプロパティを表示

構文

説明

disp(m) は、m (モバイル デバイスからのセンサー データを取得するために作成された mobiledev オブジェクト) のプロパティを表示します。この関数は mobiledev セッション中はいつでも呼び出すことができます。また、表示はセンサーの状態を表します。

すべて折りたたむ

この例では、デバイス上で MATLAB® Mobile™ をインストールおよび設定済みであると仮定します。それを行っていない場合は、お使いのデバイスへの MATLAB Mobile のインストールを参照してください。

MATLAB の別のセッションでデータを読み取るには、MATLAB Online™、またはローカル コンピューターの MATLAB を起動します。ローカル インストールを使用してセンサー データを読み取る場合、次のサポート パッケージのうち、お使いのモバイル デバイスに適したものが必要です。

  • MATLAB Support Package for Apple iOS Sensors

  • MATLAB Support Package for Android™ Sensors

モバイル デバイス上で MATLAB Mobile を起動します。

[センサー] 画面で、データの送信元とするセンサーをタップします。

センサー データを取得する場所にデバイスを配置します。

MATLAB セッションで、mobiledev オブジェクト m を作成します。

m = mobiledev
mobiledev with properties:

                   Connected: 1
                     Logging: 0
            InitialTimestamp: ''

   AccelerationSensorEnabled: 1
AngularVelocitySensorEnabled: 1
  MagneticFieldSensorEnabled: 1
    OrientationSensorEnabled: 1
       PositionSensorEnabled: 1

オブジェクト作成時に表示される画面で、1 の値は有効またはオン、0 は無効またはオフを意味します。ログ記録されているデータがまだないため、InitialTimestamp プロパティは空です。これは、最初のデータ点がデバイスから mobiledev オブジェクトへ転送された時間を表します。

Logging プロパティを有効にして、選択したセンサーからのデータのログ記録を開始します。

m.Logging = 1

disp を使用すると、センサーおよびログ記録のステータスと、現在のセンサーの値をいつでも確認できます。

disp(m)
mobiledev with properties:

                   Connected: 1
                     Logging: 1
            InitialTimestamp: '06-08-2014 13:45:56.529'

   AccelerationSensorEnabled: 1   (1000 Logged values) 
AngularVelocitySensorEnabled: 1   (1200 Logged values) 
  MagneticFieldSensorEnabled: 1   (1005 Logged values) 
    OrientationSensorEnabled: 1   (1030 Logged values) 
       PositionSensorEnabled: 1   (800 Logged values) 

Current Sensor Values:
                Acceleration: [0.27 0.23 -10.19]  (m/s^2) 
             AngularVelocity: [-0.22 0.07 0.06]  (rad/s) 
               MagneticField: [3.56 1.56 -48.19]  (microtesla) 
                 Orientation: [85.91 -27.1 0.35]  (degrees) 

        Position Data:
                    Latitude: 41.29  (degrees) 
                   Longitude: -72.35  (degrees) 
                       Speed: 25.00  (m/s) 
                      Course: 83.60  (degrees) 
                    Altitude: 42.10  (m)
          HorizontalAccuracy: 9.00  (m) 

この画面はログ記録が有効なことを示し、ログ開始時のタイムスタンプを表す初期タイムスタンプに値が入力されています。センサーのプロパティはログ サイズ、つまり、関数 disp を呼び出した時点でのログ記録された値の数を示しています。同じセッションでこの関数を再度呼び出すと、ログ記録された値の数が増加していることを確認できます。センサーの現在の値は、表示した時点での値を示します。このようにして、disp を使用して値をいつでもチェックすることができます。

データ送信が遅延しているセンサーがある場合、そのことが画面に示されます。たとえば、位置センサーにラグがある場合、位置データ値は以下のように表示されます。

disp(m)
mobiledev with properties:

                   Connected: 1
                     Logging: 1
            InitialTimestamp: '06-08-2014 13:45:56.529'

   AccelerationSensorEnabled: 1   (1000 Logged values) 
AngularVelocitySensorEnabled: 1   (1200 Logged values) 
  MagneticFieldSensorEnabled: 1   (1005 Logged values) 
    OrientationSensorEnabled: 1   (1030 Logged values) 
       PositionSensorEnabled: 1   (0 Logged values) 

Current Sensor Values:
                Acceleration: [0.27 0.23 -10.19]  (m/s^2) 
             AngularVelocity: [-0.22 0.07 0.06]  (rad/s) 
               MagneticField: [3.56 1.56 -48.19]  (microtesla) 
                 Orientation: [85.91 -27.1 0.35]  (degrees) 

        Position Data:
                    Latitude: [0x3 double] (Waiting for data) 
                   Longitude: [0x3 double] (Waiting for data) 
                       Speed: [0x3 double] (Waiting for data) 
                      Course: [0x3 double] (Waiting for data) 
                    Altitude: [0x3 double] (Waiting for data)
          HorizontalAccuracy: [0x3 double] (Waiting for data)

位置センサーがデータ送信を開始すると、その後に disp を使用したときに値が表示されます。

Logging プロパティを無効にすることにより、選択したセンサーからのデータのログ記録を停止します。

m.Logging = 0

この操作により、選択したすべてのセンサーからのデータの送信が停止します。MATLAB Mobile[停止] ボタンをタップして送信を停止することもできます。

データのログ記録を停止すると、画面にはログ サイズは表示されますが、現在のデータは表示されません。

disp(m)
mobiledev with properties:

                   Connected: 1
                     Logging: 0
            InitialTimestamp: '06-08-2014 13:45:56.529'

   AccelerationSensorEnabled: 1   (3000 Logged values) 
AngularVelocitySensorEnabled: 1   (3200 Logged values) 
  MagneticFieldSensorEnabled: 1   (3005 Logged values) 
    OrientationSensorEnabled: 1   (3030 Logged values) 
       PositionSensorEnabled: 1   (2400 Logged values) 

Logging プロパティが 0 となり、無効に戻っていることに注意してください。ログ サイズは、ログ セッションの最終的な値の数です。たとえば、加速度センサーからの値の数は 3000 個です。しかし、データのログ記録を停止したため、現在の値はもう表示されていません。

バージョン履歴

R2015a で導入