Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Grader と他の LMS の連携

MATLAB Grader の既存の連携をチェック

MATLAB® Grader™ が既に LMS と連携されているかどうかを確認する最も簡単な方法は、MATLAB のコーディング問題をコースに追加することです。手順については、次のセクションを参照してください。

MATLAB Grader との連携を見つけられない場合、または MATLAB Grader がまだ連携されていないことが明らかである場合は、ヘルプへのアクセスのいずれかのリソースにアクセスしてください。

講師の方: MATLAB のコーディング問題をコースに追加

各 LMS にはそれぞれ独自の手順があるため、お使いの LMS のドキュメンテーションを参照して、MATLAB Grader が既に連携されているかどうかを確認してください。

  1. LMS で、MATLAB のコーディング問題を追加するコースを開きます。

  2. LMS で、LTI または外部ツールの問題タイプを追加する手順に従います。使用可能なツールまたは事前設定されたツールのリストで "MATLAB Coding Problem" または "MATLAB Grader" を探します (利用可能な場合)。

  3. 問題を追加したら、問題を起動して編集します。このアクションにより、コンテンツのコピーと作成を行うため、MATLAB Grader インターフェイスが起動されます。

    新しいコーディング問題を作成するか、既存の問題集またはコースから問題を選択できます。

MATLAB Grader との連携を見つけられない場合は、ヘルプへのアクセスのいずれかのリソースにアクセスしてください。

他の LMS に MATLAB Grader を追加

MATLAB Grader を一般的な LMS と連携させるには、以下の一般的な手順に従います。

  1. Learning Tools Interoperability (LTI) 資格情報MATLAB Grader から取得します。LMS にコンテンツを追加するために、これらの値が必要になります。

    1. 上部のナビゲーションから [LMS との連携] を開きます。

    2. ドロップダウン リストから [Other LMS] を選択します。

    3. キーとシークレットを生成します。これらの値と起動 URL をコピーします。

  2. LMS の指示に従って、LTI ツールまたは外部ツールを追加します。起動 URL、キー、シークレットを設定するフィールドを探します。フィールドでは、上記と同じ名前が使用されていない可能性があります。また、すべてのフィールドが同じページには表示されていない可能性があることに注意してください。

サポートが必要な場合は、ヘルプへのアクセスのいずれかのリソースにアクセスしてください。

ヘルプへのアクセス

このプロセスのいずれかの時点で、LMS コースへの MATLAB Grader コーディング問題の追加や、LMS との連携の初期設定に関連するサポートが必要な場合は、次の順序でこれらのリソースにアクセスしてください。

  • MATLAB Grader の担当窓口。この情報は、「LMS との連携」ページで確認できます。

  • 所属機関の管理者: 所属機関の IT 部門のディレクトリを参照してください。

  • MathWorks テクニカル サポート

関連するトピック