ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変数

関数またはワークスペース間でのデータの共有、有効な変数名の生成

関数

isvarname入力が有効な変数名かどうかを判別
matlab.lang.makeUniqueStrings入力文字列からの一意の文字列の作成
matlab.lang.makeValidName入力文字列からの有効な MATLAB 識別子の作成
namelengthmax識別子の最大長を出力
persistent永続変数の定義
assignin指定ワークスペースの変数に値を割り当てる
global変数をグローバルとして宣言
mlock関数やスクリプトがメモリからクリアされるのを防止
munlock関数またはスクリプトをメモリからクリアできるようにする
mislockedメモリ内で関数またはスクリプトがロックされているかどうかを判定

トピック

変数名

有効な変数名を作成し、名前の競合を回避します。

ベース ワークスペースと関数ワークスペース

ベース ワークスペースは、コマンド ラインで作成した変数や、コマンド ラインまたはエディターでの実行時にスクリプトによって作成された変数を格納します。データの整合性を確保するため、各関数にはベース ワークスペースやその他のワークスペースとは分離された独自のワークスペースがあります。

エディターでの変数スコープのチェック

MATLAB® 関数と変数の強調表示機能を使用して、コードが特定の関数や変数を使用する箇所と条件を識別します。