ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tall 配列

メモリに収まらない行数をもつ配列

tall 配列は、データ ストアに格納されたデータを操作する方法で、数百万から数十億の行を保持できます。tall 数値配列、セル配列、カテゴリカル、string、datetime、duration、またはカレンダー期間を作成することができ、tall テーブルの変数としてこれらすべての tall 型を使用できます。多くの演算や関数は MATLAB® のメモリ内配列によって tall 配列と同様に機能しますが、ほとんどの結果は gather を使用して明示的にそれらを要求したときにのみ評価されます。MATLAB は、データの通過回数を最小限に抑えることにより、キューに入っている計算を自動的に最適化します。詳細については、tall 配列を参照してください。

ビッグ データ システムとの統合や、tall 配列アルゴリズムのコンパイルの詳細については、他の製品による tall 配列の拡張を参照してください。

関数

tall tall 配列の作成
datastore データの大規模な集合用のデータ ストアを作成
mapreducer mapreduce または tall 配列の実行環境の定義
gather キューに入れられた演算の実行後、tall 配列をメモリに収集
head tall 配列の最上位行を取得
tail tall 配列の最下部の行の取得
topkrows 並べ替えられた上位の行
istall 入力が tall 配列であるかどうかを判別
classUnderlying tall 配列の基となるデータのクラス
isaUnderlying tall 配列のデータが指定されたクラスかどうか判別
write チェックポイント作成のための tall 配列のディスクへの書き込み

トピック

tall 配列

tall 配列について学習し、例の計算を行います。

tall 配列をサポートする関数 (A ~ Z)

tall 配列をサポートする MATLAB 関数のアルファベット順リスト。

tall 配列の遅延評価

tall 配列の遅延実行を利用して、計算のパフォーマンスを最適化する方法。

tall 配列要素のインデックス付けと表示

tall 配列の部分的な抽出、割り当て、および表示。

tall 配列によるグループ化された統計の計算

この例では、関数 findgroups と関数 splitapply を使用して、停電データを含む tall テーブルのグループ化された統計を計算する方法を説明します。

tall 配列の可視化

tall 配列で特に使用される可視化手法。

他の製品による tall 配列の拡張

tall 配列の機能を拡張する製品のリスト。

この情報は役に立ちましたか?