Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

winqueryreg

Windows レジストリからのアイテム

説明

valnames = winqueryreg('name',rootkey,subkey) は、Microsoft® Windows® オペレーティング システム レジストリの rootkey\subkey にあるすべての値名を返します。最初の引数は、リテラルを引用符で囲んだ、大文字と小文字が区別される string または文字ベクトルである 'name' です。

value = winqueryreg(rootkey,subkey,valname) は、rootkey\subkey にある valname の値を返します。

value = winqueryreg(rootkey,subkey) は、値名プロパティをもたない rootkey\subkey 内の値を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

ルート キーの名前。大文字と小文字を区別する string または文字ベクトルとして指定します。

例: 'HKEY_CLASSES_ROOT'

サブキーの名前。string または文字ベクトルとして指定します。この値は大文字と小文字を区別しません。

例: 'control panel\mouse'

値名。string または文字ベクトルとして指定します。この名前は大文字と小文字を区別しません。

出力引数

すべて折りたたむ

値名。文字ベクトルの cell 配列として指定されます。

指定された名前の値。レジストリから取得した値がレジストリの string 値である場合、文字ベクトルとして指定されます。その値が 32 ビット整数の場合、winqueryreg は、MATLAB®int32 型の整数として値を返します。

制限

  • この関数は、以下のレジストリ値タイプに対してのみ機能します。

    • 文字列 (REG_SZ)

    • 拡張文字列 (REG_EXPAND_SZ)

    • 32 ビット整数 (REG_DWORD)

参考

R2006a より前に導入