最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tail

table、timetable、または tall 配列の最後の数行を取得

説明

B = tail(A) は、table または timetable A の最後の 8 行を返します。

B = tail(A,k) は、A の最後の k 行を返します。

すべて折りたたむ

100 行と 5 つの変数を含む table を作成します。

load patients
T = table(LastName,Gender,Age,Height,Weight);
size(T)
ans = 1×2

   100     5

最後の 8 行をプレビューします。

T2 = tail(T)
T2=8×5 table
      LastName         Gender      Age    Height    Weight
    _____________    __________    ___    ______    ______

    {'Foster'   }    {'Female'}    30       70       124  
    {'Gonzales' }    {'Male'  }    48       71       174  
    {'Bryant'   }    {'Female'}    48       66       134  
    {'Alexander'}    {'Male'  }    25       69       171  
    {'Russell'  }    {'Male'  }    44       69       188  
    {'Griffin'  }    {'Male'  }    49       70       186  
    {'Diaz'     }    {'Male'  }    45       68       172  
    {'Hayes'    }    {'Male'  }    48       66       177  

tall テーブルを作成し、データの最後の数行をプレビューします。

airlinesmall.csv データセットの tall table を作成します。使用する変数のサブセットを選択します。tail を使用してデータの最後の数行を抽出します。

varnames = {'Year','Month','ArrDelay','DepDelay','UniqueCarrier'};
ds = datastore('airlinesmall.csv','TreatAsMissing','NA',...
    'SelectedVariableNames',varnames);
T = tall(ds)
T =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    1987     10          8          12          {'PS'}    
    1987     10          8           1          {'PS'}    
    1987     10         21          20          {'PS'}    
    1987     10         13          12          {'PS'}    
    1987     10          4          -1          {'PS'}    
    1987     10         59          63          {'PS'}    
    1987     10          3          -2          {'PS'}    
    1987     10         11          -1          {'PS'}    
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :
tt = tail(T)
tt =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :

結果をメモリに収集してデータを表示します。

last_rows = gather(tt)
Evaluating tall expression using the Local MATLAB Session:
- Pass 1 of 1: Completed in 0.93 sec
Evaluation completed in 1.1 sec
last_rows=8×5 table
    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    2008     12         14           1          {'DL'}    
    2008     12         -8          -1          {'DL'}    
    2008     12          1           9          {'DL'}    
    2008     12         -8          -4          {'DL'}    
    2008     12         15          -2          {'DL'}    
    2008     12        -15          -1          {'DL'}    
    2008     12        -12           1          {'DL'}    
    2008     12         -1          11          {'DL'}    

tall テーブルの最後の 20 行のデータをプレビューします。

airlinesmall.csv データセットの tall table を作成します。使用する変数のサブセットを選択し、'NA' 値を欠損データとして扱って、datastoreNaN 値に置き換えられるようにします。tail を使用して、データの最後の 20 行を表示します。

varnames = {'Year','Month','ArrDelay','DepDelay','UniqueCarrier'};
ds = datastore('airlinesmall.csv','TreatAsMissing','NA',...
    'SelectedVariableNames',varnames);
T = tall(ds)
T =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    1987     10          8          12          {'PS'}    
    1987     10          8           1          {'PS'}    
    1987     10         21          20          {'PS'}    
    1987     10         13          12          {'PS'}    
    1987     10          4          -1          {'PS'}    
    1987     10         59          63          {'PS'}    
    1987     10          3          -2          {'PS'}    
    1987     10         11          -1          {'PS'}    
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :
tt = tail(T,20)
tt =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :

結果をメモリに収集してデータを表示します。

b20 = gather(tt)
Evaluating tall expression using the Local MATLAB Session:
- Pass 1 of 1: Completed in 0.94 sec
Evaluation completed in 1.1 sec
b20=20×5 table
    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    2008     12          0          -4          {'CO'}    
    2008     12        -16          13          {'CO'}    
    2008     12         17          -3          {'CO'}    
    2008     12          3          -5          {'CO'}    
    2008     12          2           6          {'DL'}    
    2008     12          6          -2          {'DL'}    
    2008     12         37          35          {'DL'}    
    2008     12         -1          -6          {'DL'}    
    2008     12         39          12          {'DL'}    
    2008     12         -3          -6          {'DL'}    
    2008     12         -6          -1          {'DL'}    
    2008     12         -2           1          {'DL'}    
    2008     12         14           1          {'DL'}    
    2008     12         -8          -1          {'DL'}    
    2008     12          1           9          {'DL'}    
    2008     12         -8          -4          {'DL'}    
      ⋮

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。table または timetable として指定します。

データ型: table | timetable

抽出する行数。正のスカラー整数として指定します。A の行数が k より少ない場合、tailA をすべて返します。

出力引数

すべて折りたたむ

要求した行。table または timetable として返されます。B のデータ型は A と同じです。

拡張機能

R2016b で導入