ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tail

table、timetable、または tall 配列の最後の数行を取得

構文

B = tail(A)
B = tail(A,k)

説明

B = tail(A) は、table または timetable A の最後の 8 行を返します。

B = tail(A,k) は、A の最後の k 行を返します。

すべて折りたたむ

100 行と 5 つの変数を含む table を作成します。

load patients
T = table(LastName,Gender,Age,Height,Weight);
size(T)
ans = 1×2

   100     5

最後の 8 行をプレビューします。

T2 = tail(T)
T2=8×5 table
     LastName       Gender     Age    Height    Weight
    ___________    ________    ___    ______    ______

    'Foster'       'Female'    30       70       124  
    'Gonzales'     'Male'      48       71       174  
    'Bryant'       'Female'    48       66       134  
    'Alexander'    'Male'      25       69       171  
    'Russell'      'Male'      44       69       188  
    'Griffin'      'Male'      49       70       186  
    'Diaz'         'Male'      45       68       172  
    'Hayes'        'Male'      48       66       177  

tall テーブルを作成し、データの最後の数行をプレビューします。

airlinesmall.csv データセットの tall テーブルを作成します。使用する変数のサブセットを選択します。tail を使用してデータの最後の数行を抽出します。

varnames = {'Year','Month','ArrDelay','DepDelay','UniqueCarrier'};
ds = datastore('airlinesmall.csv','TreatAsMissing','NA',...
    'SelectedVariableNames',varnames);
T = tall(ds)
T =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    1987     10          8          12           'PS'     
    1987     10          8           1           'PS'     
    1987     10         21          20           'PS'     
    1987     10         13          12           'PS'     
    1987     10          4          -1           'PS'     
    1987     10         59          63           'PS'     
    1987     10          3          -2           'PS'     
    1987     10         11          -1           'PS'     
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :
tt = tail(T)
tt =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :

結果をメモリに収集してデータを表示します。

last_rows = gather(tt)
Evaluating tall expression using the Local MATLAB Session:
- Pass 1 of 1: Completed in 1.1 sec
Evaluation completed in 1.4 sec
last_rows=8×5 table
    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    2008     12         14           1           'DL'     
    2008     12         -8          -1           'DL'     
    2008     12          1           9           'DL'     
    2008     12         -8          -4           'DL'     
    2008     12         15          -2           'DL'     
    2008     12        -15          -1           'DL'     
    2008     12        -12           1           'DL'     
    2008     12         -1          11           'DL'     

tall テーブルの最後の 20 行のデータをプレビューします。

airlinesmall.csv データセットの tall テーブルを作成します。使用する変数のサブセットを選択し、'NA' 値を欠損データとして扱って、datastoreNaN 値に置き換えられるようにします。tail を使用して、データの最後の 20 行を表示します。

varnames = {'Year','Month','ArrDelay','DepDelay','UniqueCarrier'};
ds = datastore('airlinesmall.csv','TreatAsMissing','NA',...
    'SelectedVariableNames',varnames);
T = tall(ds)
T =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    1987     10          8          12           'PS'     
    1987     10          8           1           'PS'     
    1987     10         21          20           'PS'     
    1987     10         13          12           'PS'     
    1987     10          4          -1           'PS'     
    1987     10         59          63           'PS'     
    1987     10          3          -2           'PS'     
    1987     10         11          -1           'PS'     
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :
tt = tail(T,20)
tt =

  Mx5 tall table

    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     ?        ?         ?           ?              ?      
     :        :         :           :              :
     :        :         :           :              :

結果をメモリに収集してデータを表示します。

b20 = gather(tt)
Evaluating tall expression using the Local MATLAB Session:
- Pass 1 of 1: Completed in 0.92 sec
Evaluation completed in 1.3 sec
b20=20×5 table
    Year    Month    ArrDelay    DepDelay    UniqueCarrier
    ____    _____    ________    ________    _____________

    2008     12          0          -4           'CO'     
    2008     12        -16          13           'CO'     
    2008     12         17          -3           'CO'     
    2008     12          3          -5           'CO'     
    2008     12          2           6           'DL'     
    2008     12          6          -2           'DL'     
    2008     12         37          35           'DL'     
    2008     12         -1          -6           'DL'     
    2008     12         39          12           'DL'     
    2008     12         -3          -6           'DL'     
    2008     12         -6          -1           'DL'     
    2008     12         -2           1           'DL'     
    2008     12         14           1           'DL'     
    2008     12         -8          -1           'DL'     
    2008     12          1           9           'DL'     
    2008     12         -8          -4           'DL'     
      ⋮

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。table または timetable として指定します。

データ型: table | timetable

抽出する行数。正のスカラー整数として指定します。A の行数が k より少ない場合、tailA をすべて返します。

出力引数

すべて折りたたむ

要求した行。table または timetable として返されます。B のデータ型は A と同じです。

拡張機能

R2016b で導入