ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

synchronize

timetable を共通の時間ベクトルに同期し、入力 timetable からデータをリサンプリングまたは集約

関数 synchronize は、すべての入力 timetable から変数を収集し、それらを共通の時間ベクトルに同期して、結果を単一の timetable として返します。その効果は水平方向の連結と類似していますが、入力 timetable はそれぞれ異なる行時間をもつことができます。関数 synchronize は、timetable 変数を異なる時間に同期する際に、指定されたメソッドを使用して変数内のデータのリサンプリングまたは集約も行います。

構文

TT = synchronize(TT1,TT2)
TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeBasis,method)
TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeStep,method)
TT = synchronize(TT1,TT2,'regular',method,'TimeStep',dt)
TT = synchronize(TT1,TT2,'regular',method,'SampleRate',Fs)
TT = synchronize(TT1,TT2,newTimes,method)
TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeBasis)
TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeStep)
TT = synchronize(TT1,TT2,'regular','TimeStep',dt)
TT = synchronize(TT1,TT2,'regular','SampleRate',Fs)
TT = synchronize(TT1,TT2,newTimes)
TT = synchronize(TT1,TT2,___,Name,Value)
TT = synchronize(TT1,...,TTN,___)

説明

TT = synchronize(TT1,TT2) は timetable TT を作成します。これは入力 timetable TT1TT2 両方の変数をすべて含み、TT1TT2 の行時間の和集合である行時間のベクトルに同期します。TT の行時間は、繰り返し時間のない並べ替え順序になります。

実質的には、synchronizeTT1TT2 の行時間が異なる場合であっても両方の変数を水平方向に連結します。その結果、次に該当する場合、synchronize は常に TT に欠損データ インジケーターを挿入します。

  • TT1 の行時間のみがあり、TT2 の変数に対応するデータがない場合

  • TT2 の行時間のみがあり、TT1 の変数に対応するデータがない場合

TT1TT2 に同じ名前をもつ変数がある場合、synchronize はそれらの名前を変更して、両方の変数を TT にコピーします。

異なる変数に対して異なる方法を使用して値を TT に内挿または入力するには、各入力 timetable の VariableContinuity プロパティを指定します。詳細については、さまざまなメソッドを使用した timetable 変数の時間再調整と同期を参照してください。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeBasis,method) は、TT1TT2 の変数を newTimeBasis で指定された新しい時間ベクトルに同期して TT を作成します。synchronize は、method で指定された演算を使用して、TT1TT2 の変数のデータをリサンプリングまたは集約します。入力引数 newTimeBasis は、synchronizeTT1TT2 の行時間から TT の行時間を作成する方法を指定します。

たとえば、newTimeBasis'union' で、method'linear' の場合、TT には TT1TT2 の行時間が含まれ、synchronize は線形内挿を使用して、入力 timetable から出力の行時間にデータをリサンプリングします。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeStep,method) は、TT1TT2 の変数を、newTimeStep で指定した時間単位で、等間隔の新しい時間ベクトルに同期することにより、TT を作成します。

たとえば、newTimeStep'daily'method'mean' の場合、TT には 1 日間隔の行時間が含まれ、TT1TT2 の各変数について TT には日次平均値が含まれます。

TT = synchronize(TT1,TT2,'regular',method,'TimeStep',dt) は、タイム ステップ dt を使用して等間隔の行時間を計算します。dt はスカラー duration またはカレンダー期間です。TT の行時間は、TT1TT2 の行時間の範囲にまたがります。

TT = synchronize(TT1,TT2,'regular',method,'SampleRate',Fs) は、サンプルレート Fs を使用して等間隔の行時間を計算します。Fs は 1 秒あたりのサンプル数 (Hz) を指定する正の数値スカラーです。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimes,method) は、TT1TT2 の変数を、ユーザーが指定した一意の並べ替えられた時間の datetime または duration ベクトル newTimes に同期することにより、TT を作成します。newTimes の時間は TT の行時間になります。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeBasis) は、TT1TT2 の変数を新しい時間ベクトルに同期することにより TT を作成します。synchronize は、TT の必要な箇所に欠損データ インジケーターを挿入します。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimeStep) は、TT1TT2 の変数を、newTimeStep で指定した時間単位で、等間隔の新しい時間ベクトルに同期することにより、TT を作成します。関数 synchronize は、TT の必要な箇所に欠損データ インジケーターを挿入します。

TT = synchronize(TT1,TT2,'regular','TimeStep',dt) は、タイム ステップ dt を使用して等間隔の行時間を計算します。dt はスカラー duration またはカレンダー期間です。TT の行時間は、TT1TT2 の行時間の範囲にまたがります。

TT = synchronize(TT1,TT2,'regular','SampleRate',Fs) は、サンプルレート Fs を使用して等間隔の行時間を計算します。Fs は 1 秒あたりのサンプル数 (Hz) を指定する正の数値スカラーです。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimes) は、TT1TT2 の変数を時間ベクトル newTimes に同期することにより、TT を作成します。関数 synchronize は、TT の必要な箇所に欠損データ インジケーターを挿入します。

TT = synchronize(TT1,TT2,___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value ペアで指定された追加のオプションを使用して timetable を同期します。この構文では、前述のいずれかの構文の入力引数を使用できます。

TT = synchronize(TT1,...,TTN,___) は、N 個の timetable TT1,...,TTN を同期することにより、timetable TT を作成します。この構文では、前述のいずれかの構文の入力引数を使用できます。

すべて折りたたむ

ファイルから 2 つのサンプル timetable を読み込みます。次に、それらのデータを新しい行時間のベクトルに同期します。

load smallTT

timetable を表示します。TT1 には順序が正しくない行時間があります。TT1TT2 は異なる変数をもっています。

TT1
TT1=3×1 timetable
            Time            Temp
    ____________________    ____

    18-Dec-2015 12:00:00    42.3
    18-Dec-2015 08:00:00    37.3
    18-Dec-2015 10:00:00    39.1

TT2
TT2=3×1 timetable
            Time            Pressure
    ____________________    ________

    18-Dec-2015 09:00:00      30.1  
    18-Dec-2015 11:00:00     30.03  
    18-Dec-2015 13:00:00      29.9  

TT1TT2 を同期します。出力 timetable TT には、両方の timetable のすべての行時間が並べ替えられた順序で含まれます。TT では、TempTT2 の行時間に対して NaN が含まれ、PressureTT1 の行時間に対して NaN が含まれます。

TT = synchronize(TT1,TT2)
TT=6×2 timetable
            Time            Temp    Pressure
    ____________________    ____    ________

    18-Dec-2015 08:00:00    37.3       NaN  
    18-Dec-2015 09:00:00     NaN      30.1  
    18-Dec-2015 10:00:00    39.1       NaN  
    18-Dec-2015 11:00:00     NaN     30.03  
    18-Dec-2015 12:00:00    42.3       NaN  
    18-Dec-2015 13:00:00     NaN      29.9  

気象測定値を含む 2 つのサンプル timetable を読み込みます。それらのデータを timetable の行時間の和集合に同期します。

load firstTT

timetable を表示します。

TT1
TT1=3×1 timetable
            Time            Temp
    ____________________    ____

    06-Jun-2016 15:00:00    79.7
    06-Jun-2016 16:00:00    76.3
    06-Jun-2016 17:00:00    74.9

TT2
TT2=4×1 timetable
            Time            Humidity
    ____________________    ________

    06-Jun-2016 14:35:48      49.7  
    06-Jun-2016 15:35:48      52.2  
    06-Jun-2016 16:35:48      56.7  
    06-Jun-2016 17:35:48        60  

timetable を同期します。行時間の和集合を選択するには、'union' を指定します。線形内挿を使用して TT1.TempTT2.Humidity をリサンプリングするには、'linear' を指定します。

TT = synchronize(TT1,TT2,'union','linear')
TT=7×2 timetable
            Time             Temp     Humidity
    ____________________    ______    ________

    06-Jun-2016 14:35:48    81.071       49.7 
    06-Jun-2016 15:00:00      79.7     50.708 
    06-Jun-2016 15:35:48    77.671       52.2 
    06-Jun-2016 16:00:00      76.3     54.014 
    06-Jun-2016 16:35:48    75.464       56.7 
    06-Jun-2016 17:00:00      74.9      58.03 
    06-Jun-2016 17:35:48    74.064         60 

2 つの timetable を、1 日を範囲とする時間ビンを指定する、新しい行時間に同期します。入力 timetable のデータを日次の時間ビンに集約します。

2 つの異なる環境測定値セット indoorsoutdoors を含むサンプル timetable を読み込みます。大気質データは屋内のセンサーから、気象測定値は屋外のセンサーから取得されています。timetable には、2015 年 11 月 15 日から 2015 年 11 月 19 日までに取得した測定値が含まれます。

load indoors
load outdoors

各 timetable の最初の 3 行を表示します。これらには、同じ行時間または変数は含まれていません。

indoors(1:3,:)
ans=3×2 timetable
           Time            Humidity    AirQuality
    ___________________    ________    __________

    2015-11-15 00:00:24       36           80    
    2015-11-15 01:13:35       36           80    
    2015-11-15 02:26:47       37           79    

outdoors(1:3,:)
ans=3×3 timetable
           Time            Humidity    TemperatureF    PressureHg
    ___________________    ________    ____________    __________

    2015-11-15 00:00:24        49          51.3          29.61   
    2015-11-15 01:30:24      48.9          51.5          29.61   
    2015-11-15 03:00:24      48.9          51.5          29.61   

関数 synchronize を使用して、timetable のデータを日次の時間ビンに集約します。'daily' を指定して、1 日を範囲とする時間ビンにデータを集約します。'mean' を指定して、変数ごとに各時間ビン内の平均値を取得します。

TT = synchronize(indoors,outdoors,'daily','mean');
TT(1:3,:)
ans=3×5 timetable
           Time            Humidity_indoors    AirQuality    Humidity_outdoors    TemperatureF    PressureHg
    ___________________    ________________    __________    _________________    ____________    __________

    2015-11-15 00:00:00          36.5            80.05            48.931             51.394         29.607  
    2015-11-16 00:00:00         36.85            80.35            47.924             51.571         29.611  
    2015-11-17 00:00:00         36.85            79.45             48.45             51.238         29.613  

気象測定値をもつ 2 つの小さな timetable を、入力 timetable の行時間に重なる一連の規則的な行時間に同期します。タイム ステップを、出力 timetable での連続する行時間の間隔として指定します。線形内挿を使用して、入力 timetable の行時間と一致しない時間ベクトル内の時間に対してデータをリサンプリングします。

最初に、2 つの timetable を読み込みます。

load indoors
load outdoors

各 timetable の最初の 3 行を表示します。これらには、同じ行時間または変数は含まれていません。

indoors(1:3,:)
ans=3×2 timetable
           Time            Humidity    AirQuality
    ___________________    ________    __________

    2015-11-15 00:00:24       36           80    
    2015-11-15 01:13:35       36           80    
    2015-11-15 02:26:47       37           79    

outdoors(1:3,:)
ans=3×3 timetable
           Time            Humidity    TemperatureF    PressureHg
    ___________________    ________    ____________    __________

    2015-11-15 00:00:24        49          51.3          29.61   
    2015-11-15 01:30:24      48.9          51.5          29.61   
    2015-11-15 03:00:24      48.9          51.5          29.61   

関数 synchronize を使用して、timetable のデータを 30 分の時間ビンに集約します。入力引数 'regular' と、名前と値のペアの引数 'TimeStep' を使用して、一定のタイム ステップを指定します。これらの引数を使用すると、規則的で、かつタイム ステップが 'hourly' などの事前定義されたステップではない timetable を作成できます。

TT = synchronize(indoors,outdoors,'regular','linear','TimeStep',minutes(30));
TT(1:3,:)
ans=3×5 timetable
           Time            Humidity_indoors    AirQuality    Humidity_outdoors    TemperatureF    PressureHg
    ___________________    ________________    __________    _________________    ____________    __________

    2015-11-15 00:00:00           36               80                 49             51.299         29.61   
    2015-11-15 00:30:00           36               80             48.967             51.366         29.61   
    2015-11-15 01:00:00           36               80             48.934             51.432         29.61   

気象測定値をもつ 2 つの小さい timetable を任意の時間ベクトルに同期します。線形内挿を使用して、入力 timetable の行時間と一致しない時間ベクトル内の時間に対してデータをリサンプリングします。

30 分ごとに取得された測定値の行時間をもつ、2 つの小さい timetable を読み込みます。ただし、各 timetable 内には 30 分ごとに収集されたものではないデータの行時間があります。どちらの timetable も不規則です。これは、連続した行時間の間でタイム ステップが異なることを意味します。

load halfHoursTT

timetable を表示します。TT1TT2 には 3 つの行と異なる変数があります。

TT1
TT1=3×1 timetable
            Time            Temp
    ____________________    ____

    18-Dec-2015 08:30:00    47.6
    18-Dec-2015 09:30:00    49.2
    18-Dec-2015 10:47:23    51.4

TT2
TT2=3×1 timetable
            Time            Pressure
    ____________________    ________

    18-Dec-2015 07:00:00      29.7  
    18-Dec-2015 09:30:00     30.03  
    18-Dec-2015 10:30:00      29.9  

各 timetable の行時間のいくつかを含む時間ベクトルを指定します。

newTimes = datetime('2015-12-18 08:30:00') + hours(0:1:2)
newTimes = 1x3 datetime array
   18-Dec-2015 08:30:00   18-Dec-2015 09:30:00   18-Dec-2015 10:30:00

TT1TT2newTimes に同期します。newTimes ベクトルには、TT1 または TT2 の行時間ではない時間があります。TT1 または TT2 の行時間に一致しない newTimes の時間にデータ値を内挿するには、'linear' を指定します。

TT = synchronize(TT1,TT2,newTimes,'linear')
TT=3×2 timetable
            Time             Temp     Pressure
    ____________________    ______    ________

    18-Dec-2015 08:30:00      47.6     29.898 
    18-Dec-2015 09:30:00      49.2      30.03 
    18-Dec-2015 10:30:00    50.906       29.9 

2 つのサンプル timetable を読み込み、共通する行時間のベクトルにそれらのデータを同期します。

load intersectTT

timetable を表示します。TT1TT2 には 3 つの行と異なる変数があります。

TT1
TT1=3×1 timetable
            Time            Temp
    ____________________    ____

    18-Dec-2015 08:00:00    37.3
    18-Dec-2015 10:00:00    39.1
    18-Dec-2015 12:00:00    42.3

TT2
TT2=3×1 timetable
            Time            Pressure
    ____________________    ________

    18-Dec-2015 06:00:00      30.1  
    18-Dec-2015 08:00:00     30.03  
    18-Dec-2015 10:00:00      29.9  

出力 timetable の行時間の基準として 'intersection' を指定して TT1TT2 を同期します。TT1TT2 には共通の行時間が 2 つしかないため、TT に含まれるのは 2 行だけです。

TT = synchronize(TT1,TT2,'intersection')
TT=2×2 timetable
            Time            Temp    Pressure
    ____________________    ____    ________

    18-Dec-2015 08:00:00    37.3     30.03  
    18-Dec-2015 10:00:00    39.1      29.9  

TT1TT2 の両方に、共通する行時間に対するデータがあるため、内挿や不一致の行を埋める必要はありません。

気象測定値をもつ 2 つの小さい timetable を 1 時間ごとの時間ベクトルに同期します。

2 つの小さい timetable を読み込みます。各 timetable には、毎正時に収集されなかったデータの行時間があります。どちらの timetable も不規則です。これは、連続した行時間の間でタイム ステップが異なることを意味します。

load irregularTT

timetable を表示します。TT1TT2 には 3 つの行と異なる変数があります。

TT1
TT1=3×1 timetable
            Time            Temp
    ____________________    ____

    18-Dec-2015 08:00:00    37.3
    18-Dec-2015 09:11:17    39.1
    18-Dec-2015 10:00:00    42.3

TT2
TT2=3×1 timetable
            Time            Pressure
    ____________________    ________

    18-Dec-2015 08:00:00      29.8  
    18-Dec-2015 09:27:23      29.7  
    18-Dec-2015 10:00:00      30.3  

出力 timetable の行時間のタイム ステップとして 'hourly' を指定して、TT1TT2 を同期します。TT には、毎正時の行時間をもつ TT1TT2 のデータがあります。TT1TT2 にない行時間については、TT に欠損データ インジケーターがあります。

TT = synchronize(TT1,TT2,'hourly')
TT=3×2 timetable
            Time            Temp    Pressure
    ____________________    ____    ________

    18-Dec-2015 08:00:00    37.3      29.8  
    18-Dec-2015 09:00:00     NaN       NaN  
    18-Dec-2015 10:00:00    42.3      30.3  

2 つの timetable を同期します。一部の timetable 変数に mean メソッドを適用し、その他の変数には sum メソッドを適用します。

ボストンとネイティックの気象測定値をもつ 2 つの小さい timetable を読み込みます。各 timetable には、気温と降水量の測定値が含まれています。

load citiesTT
Boston
Boston=6×2 timetable
           Time            Temp    Rain
    ___________________    ____    ____

    2016-06-09 06:03:00    59.5    0.05
    2016-06-09 12:00:23      63    0.08
    2016-06-09 18:02:57    61.7    0.13
    2016-06-10 06:01:47    55.4    0.15
    2016-06-10 12:06:00    62.3    0.87
    2016-06-10 18:02:57    58.8    0.33

Natick
Natick=5×2 timetable
           Time            Temp     Rain 
    ___________________    _____    _____

    2016-06-09 12:00:23     61.2    0.076
    2016-06-09 17:59:00     60.3     0.11
    2016-06-10 09:03:01     56.1     0.19
    2016-06-10 12:07:03    62.17     0.72
    2016-06-10 17:59:57     58.3      0.1

測定値を日次の時間に同期して、平均気温と降水量測定値の合計を求めます。synchronize は指定されたメソッドをすべての timetable 変数に適用します。異なる timetable 変数に異なるメソッドを適用するには、インデックスを指定して timetable の異なる変数を選択し、使用する各メソッドに対して synchronize を呼び出します。

BOS = Boston(:,'Temp');
NTK = Natick(:,'Temp');
TT1 = synchronize(BOS,NTK,'daily','mean')
TT1=2×2 timetable
           Time            Temp_BOS    Temp_NTK
    ___________________    ________    ________

    2016-06-09 00:00:00       61.4       60.75 
    2016-06-10 00:00:00     58.833      58.857 

BOS = Boston(:,'Rain');
NTK = Natick(:,'Rain');
TT2 = synchronize(BOS,NTK,'daily','sum')
TT2=2×2 timetable
           Time            Rain_BOS    Rain_NTK
    ___________________    ________    ________

    2016-06-09 00:00:00      0.26       0.186  
    2016-06-10 00:00:00      1.35        1.01  

1 つの timetable にすべての結果を組み合わせるには、TT1TT2 を連結します。

TT = [TT1 TT2]
TT=2×4 timetable
           Time            Temp_BOS    Temp_NTK    Rain_BOS    Rain_NTK
    ___________________    ________    ________    ________    ________

    2016-06-09 00:00:00       61.4       60.75       0.26       0.186  
    2016-06-10 00:00:00     58.833      58.857       1.35        1.01  

入力引数

すべて折りたたむ

入力 timetable。

出力 timetable の行時間を計算する基準。文字ベクトルとして指定します。newTimeBasis には一覧のメソッドのいずれかを指定できます。

メソッド

説明

'union' (既定)

行時間の和集合

'intersection'

行時間の共通部分

'commonrange'

時間範囲の共通部分における行時間の和集合

'first'

最初の入力 timetable のみの行時間

'last'

最後の入力 timetable のみの行時間

出力 timetable の時間間隔のタイム ステップ。文字ベクトルとして指定します。newTimeStep は一覧のタイム ステップのいずれかです。

タイム ステップ

説明

'yearly'

1 年

'quarterly'

1 四半期

'monthly'

1 か月

'weekly'

1 週間

'daily'

1 日

'hourly'

1 時間

'minutely'

1 分

'secondly'

1 秒

TT の最初の行時間は、入力された timetable の最も早い行時間を含む時間単位の開始時にあります。TT 内の行時間の範囲は、TT1TT2 の行時間の範囲をカバーしています。ただし、TT に、TT1 または TT2 の実際の行時間が 1 つも含まれない場合があります。これは、これらの入力が、どの時間単位の開始時にもない行時間をもつ可能性があるためです。

サンプルレート。正の数値スカラーとして指定します。Fs は 1 秒あたりのサンプル数 (Hz) を指定します。

タイム ステップ。datetime スカラーまたは duration スカラーとして指定します。

データ型: datetime | duration | calendarDuration

新しい時間ベクトル。datetime ベクトルまたは duration ベクトルとして指定します。新しい時間ベクトルは列ベクトルでなければなりません。newTimes は、入力 timetable のいずれとも異なる行数をもつことができます。

timetable データを調整するメソッド。文字ベクトル、string スカラー、または関数ハンドルとして指定します。一覧のメソッドのいずれかを使用して、入力 timetable のデータを調整できます。

埋め込みメソッド

出力 timetable の行時間が対応する入力の行時間と一致する場合、各入力 timetable の行からデータをコピーします。その後に出力 timetable の残りの要素を欠損データ インジケーターで埋めます。

残りの要素を欠損データ インジケーターではなく定数で埋めるには、'Constant' の名前と値のペアの引数を使用します。

メソッド

説明

'fillwithmissing' (既定)

欠損データ インジケーター (たとえば数値変数の場合は NaN) で出力のギャップを埋めます。

'fillwithconstant'

名前と値のペアの引数 'Constant' の値で出力のギャップを埋めます。既定値は 0 です。

最近傍メソッド

指定したメソッドに応じて、入力 timetable の行のデータを、出力 timetable で時間が最も近い行にコピーします。入力 timetable は、行時間によって並べ替えなければなりません。

メソッド

説明

'previous'

行時間のベクトルの末尾から開始して、入力 timetable 内で先行する最近傍からデータをコピーします。重複する行時間がある場合、'previous' はその重複の最後を示します。

'next'

行時間のベクトルの先頭から開始して、入力 timetable 内で後続の最近傍からデータをコピーします。重複する行時間がある場合、'next' はその重複の最初を示します。

'nearest'

入力 timetable の最近傍からデータをコピーします。

内挿メソッド

出力 timetable のデータ値を、入力 timetable で近傍のデータ値から内挿します。入力 timetable には、並べ替えられた一意の行時間がなければなりません。入力 timetable の最初と最後の行時間の範囲を超えるデータの外挿方法を制御するには、'EndValues' の名前と値のペアの引数を使用します。

メソッド

説明

'linear'

線形内挿を使用します。

'spline'

区分的 3 次スプライン内挿を使用します。

'pchip'

形状維持区分的 3 次内挿を使用します。

'makima'

修正 Akima 3 次エルミート内挿を使用します。

集約メソッド

入力 timetable の行からのデータを、出力 timetable の行時間で指定された時間ビンに集約します。TT の各行時間は時間ビンの左側のエッジで、次に続く行時間は右側のエッジです。既定では、左側のエッジが時間ビンに含まれます。時間ビンにビンの左側と右側のどちらのエッジが含まれるかを制御するには、名前と値のペアの引数 'IncludedEdge' を使用します。

時間ベクトル newTimes を指定する場合、newTimes は昇順に並べ替えられていなければなりません。出力 timetable の時間基準を 'first' または 'last' として指定する場合、最初または最後の timetable のいずれかの行時間は昇順に並べ替えられていなければなりません。

func を除いて、一覧のすべてのメソッドは NaNNaT およびその他の欠損データ インジケーターを省略します。欠損データ インジケーターを含めるには、データ集約時にこれらを含む関数に、関数ハンドルとして func を指定します。

メソッド

説明

'sum'

各時間ビン内の値を合計します。

'mean'

各時間ビン内の平均値を計算します。

'prod'

各時間ビン内の値の積を計算します。

'min'

各時間ビン内の最小値を計算します。

'max'

各時間ビン内の最大値を計算します。

'count'

各時間ビン内の値の数をカウントします。

'firstvalue'

各時間ビン内の最初の値を使用します。

'lastvalue'

各時間ビン内の最後の値を使用します。

@func

関数ハンドルで指定された関数を使用します (たとえば、各時間ビン内の値の標準偏差を計算する @std など)。func はスカラーまたは行ベクトルの出力引数を返し、空の入力を受け入れなければなりません。

既定のメソッド

既定のメソッドは、method を指定せずにおく場合と等価になります。

メソッド

説明

'default' (既定)

欠損データ インジケーターでギャップを埋めるか、あるいは、入力 timetable の VariableContinuity プロパティで変数ごとのメソッドが指定されている場合は、そのメソッドを使用します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: TT = synchronize(TT1,TT2,newTimes,'fillwithconstant','Constant',-1) は timetable TT1 および TT2 を同期し、対応する入力 timetable の行時間に一致しない行時間がある TT の行の要素に値 -1 を割り当てます。

メソッドが 'fillwithconstant' の場合にギャップを埋めるための値。'Constant' と配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定値は 0 です。'Constant' で指定する値のデータ型は、timetable 変数のデータ型と適合していなければなりません。

例: TT = synchronize(TT1,TT2,'hourly','fillwithconstant','Constant','NONE') は、TT のすべての変数にテキストが含まれている場合に、文字ベクトル 'NONE' を使用して TT のギャップを埋めます。

内挿法を使用する場合の外挿メソッド。'EndValues' と、'extrap' または配列のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。配列を指定した場合、そのデータ型は timetable 変数に適合していなければなりません。

メソッド

説明

'extrap' (既定)

method 入力引数で指定されたメソッドにより外挿します。

配列

入力行時間の範囲外のギャップを配列で埋めて外挿

例: TT = synchronize(TT1,TT2,'daily','previous','EndValues',1000) は、TT のギャップを埋めます。TT の行時間が TT1TT2 からの行時間の範囲内にある場合は前の行の値、TT の行時間がその範囲外にある場合は値 1000 が使用されます。

各時間ビンに含めるエッジ。'IncludedEdge' と、'left' または 'right' のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。TT の各行時間は時間ビンの左側のエッジで、次に続く行時間は右側のエッジです。

含めるエッジ

説明

'left' (既定)

両側のエッジを含む最後のビンを除いて、すべてのビンが左側のビン エッジを含みます。

'right'

両側のエッジを含む最初のビンを除いて、すべてのビンが右側のビン エッジを含みます。

'left' を指定した場合、両側のエッジを含む最後のビンを除いて、時間ビンに左側のエッジが含まれます。'right' を指定した場合、両側のエッジを含む最初のビンを除いて、時間ビンに右側のエッジが含まれます。

例: TT = synchronize(TT1,TT2,'hourly','mean','IncludedEdge','right') では、各時間ビンの右側のエッジが含まれます。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2018b での開始は非推奨

拡張機能

R2016b で導入