ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

set

グラフィックス オブジェクトのプロパティの設定

構文

set(H,Name,Value)
set(H,NameArray,ValueArray)
set(H,S)
s = set(H)
values = set(H,Name)

説明

set(H,Name,Value) は、H で識別されたオブジェクトのプロパティ Name に値を指定します。プロパティ名は単一引用符で囲みます (例: set(H,'Color','red'))。H がオブジェクトのベクトルの場合、set はこのプロパティをすべてのオブジェクトに設定します。H が空の場合 (つまり、[])、set は何もしませんが警告やエラーは返しません。

set(H,NameArray,ValueArray) は、セル配列 NameArray および ValueArray を使用して複数のプロパティ値を設定します。各 m グラフィックス オブジェクトに n 個のプロパティ値を設定するには、ValueArraymn 列のセル配列として指定します。ここで、m = length(H) および n は、NameArray に含まれるプロパティ名の数と同じです。

set(H,S) は、S を使用して複数のプロパティ値を指定します。ここで、S は、フィールド名がオブジェクトのプロパティ名であり、フィールド値がそのプロパティ値である構造体です。MATLAB® は空の構造体を無視します。

s = set(H) は、H で識別されるオブジェクトにユーザー設定が可能なプロパティとその値を返します。s は、フィールド名がオブジェクトのプロパティ名で、フィールド値が対応するプロパティの可能な値である構造体配列です。出力引数を指定しない場合、MATLAB ソフトウェアは画面にその情報を表示します。H は単一オブジェクトでなければなりません。

values = set(H,Name) は、指定したプロパティに設定可能なプロパティ値を返します。設定可能な値が文字ベクトルの場合、関数 set はセル配列 values のセルごとに各文字ベクトルを返します。他のプロパティに対しては、関数 set は、Name にプロパティの固定セットがないことを示すステートメントを返します。出力引数を指定しない場合、MATLAB は画面にその情報を表示します。H は単一オブジェクトでなければなりません。

特定のラインの色を変更

ラインをプロットして chart line オブジェクト p を返します。ラインの Color プロパティを 'red' に設定します。

p = plot(1:10);
set(p,'Color','red')

複数のラインの色を変更

乱数データを使用して 4 つのラインをもつプロットを作成し、これら 4 つの chart line オブジェクトを P に返します。すべてのラインの Color プロパティを 'red' に設定します。

P = plot(rand(4));
set(P,'Color','red')

複数のラインのスタイルに異なる値を設定

4 つの chart line オブジェクトの LineStyle プロパティを、それぞれ異なる値に設定します。適切な形状になるように、セル配列の値を転置します。

P = plot(rand(4));
NameArray = {'LineStyle'};
ValueArray = {'-','--',':','-.'}';
set(P,NameArray,ValueArray)

複数のオブジェクトで複数のプロパティに異なる値を設定

3 つの異なる stem series オブジェクトの Marker および Tag プロパティの値を異なる値に設定します。値のセル配列の各行は h のオブジェクトに対応し、2 つの値が含まれます。1 つは Marker プロパティの値で、もう 1 つは Tag プロパティの値です。

x = 0:30;
y = [1.5*cos(x); 4*exp(-.1*x).*cos(x); exp(.05*x).*cos(x)]';
S = stem(x,y);
NameArray = {'Marker','Tag'};
ValueArray = {'o','Decaying Exponential';...
   'square','Growing Exponential';...
   '*','Steady State'};
set(S,NameArray,ValueArray)

ヒント

関数 set の呼び出しでは、任意のプロパティの名前と値のペア、構造体、セル配列を使用できます。

プロパティ単位の設定

1 回の関数呼び出しで FontSize プロパティと FontUnits プロパティの両方を設定する場合、MATLAB ソフトウェアが指定された FontSize を適切に解析するように、まずはじめに FontUnits プロパティを設定しなければなりません。Figure や Axes の単位についても同様で、Units プロパティは、必ずその単位を使用するプロパティの設定前に設定します。たとえば、

f = figure('Units','characters','Position',[30 30 120 35]);

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?