ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

set (serial)

シリアル ポート オブジェクト プロパティの作成または表示

構文

set(obj)
props = set(obj)
set(obj,'PropertyName')
props = set(obj,'PropertyName')
set(obj,'PropertyName',PropertyValue,...)
set(obj,PN,PV)
set(obj,S)

説明

set(obj) は、シリアル ポート オブジェクト obj で設定可能なすべてのプロパティ値を表示します。プロパティで使用可能な文字列値のリストに制限がある場合、これらの値も表示されます。

props = set(obj) は、obj で設定可能なすべてのプロパティ名とその取り得る値を、props に返します。props は、フィールド名が obj のプロパティ名、値が取り得るプロパティ値の cell 配列である構造体です。プロパティが取り得る値のセットに制限がない場合、cell 配列は空になります。

set(obj,'PropertyName') は、PropertyName が取り得る string 値に制限がある場合、その有効な値を表示します。

props = set(obj,'PropertyName') は、PropertyName の有効な値を props に返します。PropertyName で使用可能な値のリストに制限がない場合、props は、可能な文字列値の cell 配列または空の cell 配列になります。

set(obj,'PropertyName',PropertyValue,...) は、単一のコマンドで複数のプロパティ値を設定します。

set(obj,PN,PV) は、文字列 PN の cell 配列で指定されているプロパティを cell 配列 PV の対応する値で構成します。PN はベクトルでなければなりません。PV は m 行 n 列です。ここで、m は obj のシリアル ポート オブジェクトの数、n は PN の長さに等しい値です。

set(obj,S) は、指定した名前のプロパティを obj に対して指定されている値で構成します。S は、フィールド名がシリアル ポート オブジェクト プロパティ、フィールド値が対応するプロパティ値をとる構造体です。

この例では、関数 set を使用して Windows® プラットフォーム上でプロパティ値を設定したり、プロパティ値を返す方法を説明します。

s = serial('COM1');
set(s,'BaudRate',9600,'Parity','even')
set(s,{'StopBits','RecordName'},{2,'sydney.txt'})
set(s,'Parity')
[ {none} | odd | even | mark | space ]

ヒント

関数 set で設定できるシリアル ポート オブジェクト プロパティのリストは、プロパティ リファレンスを参照してください。

関数 set の 1 度の呼び出しで、任意のプロパティの名前と値のペア、構造体および cell 配列の組み合わせを使用できます。さらに、大文字小文字を区別せずにプロパティ名を指定でき、完全なプロパティ名を入力する必要もありません。たとえば、s がシリアル ポート オブジェクトの場合、以下のコマンドはすべて有効です。

set(s,'BaudRate')
set(s,'baudrate')
set(s,'BAUD')

参考

R2006a より前に導入