ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

load (serial)

シリアル ポート オブジェクトや変数を MATLAB のワークスペースに読み込み

構文

load filename
load filename obj1 obj2 ...
out = load('filename','obj1','obj2',...)

説明

load filename は、filename で指定したファイルからすべての変数を MATLAB® ワークスペース内に返します。

load filename obj1 obj2 ... は、obj1 obj2 ... で指定したシリアル ポート オブジェクトをファイル filename から MATLAB ワークスペース内に返します。

out = load('filename','obj1','obj2',...) は、ファイル filename で指定したシリアル ポート オブジェクトをワークスペースに直接読み込む代わりに、構造体として out に返します。out 内のフィールド名は、読み込まれたシリアル ポート オブジェクトの名前と一致します。

メモ

この例は、Windows® プラットフォーム上で使用できます。

シリアル ポート オブジェクト s1s2 を作成し、s1 にいくつかのプロパティを設定してから、計器に 2 つのオブジェクトを接続するとします。

s1 = serial('COM1');
s2 = serial('COM2');
set(s1,'Parity','mark','DataBits',7)
fopen(s1)
fopen(s2)

s1s2 をファイル MyObject.mat に保存し、新しい変数を使用してワークスペース内にオブジェクトを読み込みます。

save MyObject s1 s2
load MyObject s1
load MyObject s2

get(s1, {'Parity', 'DataBits'})
ans = 
    'mark'    [7]
get(s2, {'Parity', 'DataBits'})
ans = 
    'none'    [8]

ヒント

読み取り専用のプロパティの値は、読み込み時に既定値に復元されます。たとえば、Status プロパティは、closed として復元されます。プロパティが読み取り専用かどうかを判定するには、そのプロパティのリファレンス ページを検証してください。

参考

|

R2006a より前に導入