ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

get (serial)

シリアル ポート オブジェクトのプロパティ

構文

get(obj)
out = get(obj)
out = get(obj,'PropertyName')

説明

get(obj) はシリアル ポート オブジェクト obj のすべてのプロパティ名とその現在の値をコマンド ラインに返します。

out = get(obj) は構造体 out を返します。この各フィールド名は obj のプロパティ名で、各フィールドはそのプロパティ値を含みます。

out = get(obj,'PropertyName')objPropertyName で指定されるプロパティの値 out を返します。PropertyName が、プロパティ名を含む文字列の 1 行 n 列または n 行 1 列の cell 配列と置き換えた場合、get は 1 行 n 列の cell 配列を out に返します。obj がシリアル ポート オブジェクトの配列である場合、out はプロパティ値の m 行 n 列の cell 配列になります。ここで、m は obj の長さ、n は指定したプロパティの数です。

この例では、Windows® プラットフォーム上で、シリアル ポート オブジェクト s のプロパティ値を返すための get の使用方法をいくつか示します。

s = serial('COM1');
out1 = get(s);
out2 = get(s,{'BaudRate','DataBits'});
s.Parity
ans =
none

ヒント

関数 get で返すことができるシリアル ポート オブジェクト プロパティのリストは、プロパティ リファレンスを参照してください。

プロパティ名を指定するときは、大文字小文字を無視できます。たとえば、s がシリアル ポート オブジェクトの場合、以下のコマンドは等価です。

out = s.BaudRate;
out = s.baudrate;

参考

R2006a より前に導入