ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

delete (serial)

メモリからシリアル ポート オブジェクトを削除

構文

delete(obj)

説明

delete(obj) は、メモリから obj を削除します。ここで、obj はシリアル ポート オブジェクトまたはシリアル ポート オブジェクトの配列です。

この例では、シリアル ポート オブジェクト s を Windows® プラットフォーム上に作成し、デバイスに s を接続してテキスト データの書き込みと読み取りを実行した後、s をデバイスから切断し、delete を使用してメモリから s を、clear を使用してワークスペースから s をそれぞれ削除します。

s = serial('COM1');
fopen(s)
fprintf(s,'*IDN?')
idn = fscanf(s);
fclose(s)
delete(s)
clear s

ヒント

obj を削除すると、その obj は "無効な" オブジェクトになります。無効なシリアル ポート オブジェクトはデバイスに接続できないため、clear コマンドを使用してそのオブジェクトをワークスペースから削除する必要があります。obj への複数の参照がワークスペースに存在する場合は、その中の 1 つの参照を削除すると、残りの参照が無効になります。

obj がデバイスに接続されている場合の Status プロパティ値は open です。obj の接続中に delete を実行すると、接続は自動的に切断されます。関数 fclose を使用して、デバイスから obj を切断することもできます。

R2006a より前に導入