ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rmprop

table または timetable からカスタム プロパティを削除

構文

T = rmprop(T,propertyNames)

説明

T = rmprop(T,propertyNames) は、カスタム メタデータを含むプロパティを table または timetable T から削除します。入力引数 propertyNames はプロパティの名前を指定します。

すべて折りたたむ

カスタム メタデータを含むプロパティを table に追加します。次に、一部のプロパティを削除します。

まず、湿度と大気質の測定値を table に読み取ります。最初の 3 行を表示します。

T = readtable('indoors.csv');
head(T,3)
ans=3×3 table
           Time            Humidity    AirQuality
    ___________________    ________    __________

    2015-11-15 00:00:24       36           80    
    2015-11-15 01:13:35       36           80    
    2015-11-15 02:26:47       37           79    

関数 addprop を使用して、カスタム メタデータのプロパティを追加します。次に、メタデータをそれらのプロパティに割り当てます。

T = addprop(T,{'Instrument','Precision','SourceFile'},{'variable','variable','table'});
T.Properties.CustomProperties.Instrument = ["clock" "hygrometer" "air quality meter"];
T.Properties.CustomProperties.Precision = [NaN 0.5 0.1];
T.Properties
ans = 
  TableProperties with properties:

             Description: ''
                UserData: []
          DimensionNames: {'Row'  'Variables'}
           VariableNames: {'Time'  'Humidity'  'AirQuality'}
    VariableDescriptions: {}
           VariableUnits: {}
      VariableContinuity: []
                RowNames: {}

   Custom Properties (access using t.Properties.CustomProperties.<name>):
              SourceFile: []
              Instrument: ["clock"    "hygrometer"    "air quality meter"]
               Precision: [NaN 0.5000 0.1000]

プロパティを削除するには、関数 rmprop を使用します。削除できるプロパティは、以前に addprop を使用して追加したカスタム プロパティのみです。T.Properties 内の他のプロパティは削除できません。ただし、それらに含まれる値は削除できます。

T.Properties.CustomProperties から Instrument プロパティと SourceFile プロパティを削除します。

T = rmprop(T,{'Instrument','SourceFile'});
T.Properties
ans = 
  TableProperties with properties:

             Description: ''
                UserData: []
          DimensionNames: {'Row'  'Variables'}
           VariableNames: {'Time'  'Humidity'  'AirQuality'}
    VariableDescriptions: {}
           VariableUnits: {}
      VariableContinuity: []
                RowNames: {}

   Custom Properties (access using t.Properties.CustomProperties.<name>):
               Precision: [NaN 0.5000 0.1000]

入力引数

すべて折りたたむ

入力 table。table または timetable として指定します。

カスタム プロパティの名前。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。

R2018b で導入