ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

repelem

配列要素のコピーの繰り返し

構文

u = repelem(v,n)
B = repelem(A,r1,...,rN)

説明

u = repelem(v,n) は、v がスカラーまたはベクトルの場合、v の要素の繰り返しからなるベクトルを返します。

  • n がスカラーの場合、v の各要素が n 回繰り返されます。u の長さは length(v)*n になります。

  • n がベクトルの場合、v と同じ長さでなければなりません。n の各要素は、対応する v の要素を繰り返す回数を指定します。

この構文は、table の入力ではサポートされません。

B = repelem(A,r1,...,rN) は、A の各要素を r1,...,rN に従って繰り返す配列を返します。各 r1,...,rN は、スカラーか、対応する次元における A と同じ長さをもつベクトルでなければなりません。たとえば、A が行列の場合、repelem(A,2,3) は、A の各要素の 23 列のブロックを含む行列を返します。

すべて折りたたむ

ベクトルを作成し、その各要素を 3 回繰り返して新しいベクトルを作成します。

v = [1 2 3 4];
u = repelem(v,3)
u =

     1     1     1     2     2     2     3     3     3     4     4     4

v の最初の 2 つの要素を 2 回繰り返し、最後の 2 つの要素を 3 回繰り返します。

u = repelem(v,[2 2 3 3])
u =

     1     1     2     2     3     3     3     4     4     4

行列を作成し、その各要素を繰り返して 3 行 2 列のブロックをもつ新しい行列を作成します。

A = [1 2; 3 4]
A =

     1     2
     3     4

B = repelem(A,3,2)
B =

     1     1     2     2
     1     1     2     2
     1     1     2     2
     3     3     4     4
     3     3     4     4
     3     3     4     4

行列を作成してその列を新しい配列にコピーします (1 列目を 2 回繰り返し、2 列目を 3 回繰り返す)。

A = [1 2; 3 4]
B = repelem(A,1,[2 3])
A =

     1     2
     3     4


B =

     1     1     2     2     2
     3     3     4     4     4

入力引数

すべて折りたたむ

入力要素。スカラーまたはベクトルとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | struct | table | cell | datetime | duration
複素数のサポート: あり

各要素を繰り返す回数。スカラーまたはベクトルとして指定します。n がスカラーの場合、v のすべての要素が n 回繰り返されます。n がベクトルの場合、n の各要素は、v の対応する要素を繰り返す回数を指定します。どちらの場合も n は整数値でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

入力配列。行列または多次元配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | struct | table | cell | datetime | duration
複素数のサポート: あり

各次元の繰り返し数。整数値のスカラーまたはベクトルの個別の引数として指定します。A がテーブルの場合、各繰り返し数はスカラーでなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

出力ベクトル。v が行ベクトルまたはスカラーの場合、u は行ベクトルになります。v が列ベクトルの場合、u も列ベクトルになります。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | struct | table | cell | datetime | duration

出力配列。行列または多次元配列として返されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | struct | table | cell | datetime | duration

参考

|

R2015a で導入

この情報は役に立ちましたか?