ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

release

リソースを解放し、System object のプロパティ値と入力特性の変更を可能にします。

構文

release(obj)

説明

release(obj) はメモリ、ファイル ハンドル、ハードウェア接続などのシステム リソースを解放し、プロパティと入力特性の変更を可能にします。

すべて折りたたむ

Counter オブジェクトを作成し、プロパティを設定します。

obj = Counter;
obj.UseIncrement = false
obj = 
  Counter with properties:

    UseIncrement: false
    UseWrapValue: true
      StartValue: 1
       Increment: 1
       WrapValue: 10

オブジェクトをリセットし、解放します。

reset(obj)
release(obj)

入力引数

すべて折りたたむ

解放する System object。

拡張機能

R2010a で導入