Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

RandStream.setGlobalStream

グローバル乱数ストリームの設定

説明

prevstream = RandStream.setGlobalStream(stream) は、stream として指定された乱数ストリームを、関数 randrandi および randn が値を取得するグローバル ストリームとして指定します。以前のグローバル乱数ストリームは prevstream として返します。

関数 randrandi および randn は、すべて "グローバル ストリーム" として知られる同じ一様疑似乱数ストリームに依存しています。rand は、このストリームから 1 つの値を取得し、一様な値を戻り値として生成します。randi は、このストリームから 1 つの一様な値を取得し、整数値を戻り値として生成します。また、randn は、1 つ以上の一様な値を取得し、返す各正規値を生成します。RandStream オブジェクトを作成し、それを最初の入力引数として渡すことによっても、randrandi、および randn が値を取得する特定の乱数ストリームを指定できることに注意してください。

メモ

関数 rng は一般的に多く使用されている RandStream.setGlobalStream より短い代替の関数です。

入力引数

すべて折りたたむ

乱数ストリーム。RandStream オブジェクトとして指定します。

R2011a で導入