ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

open

適切なアプリケーションでファイルを開く

構文

open name
A = open(name)

説明

open name は、指定されたファイルまたは変数を適切なアプリケーションで開きます。

openxxx という形式の独自のファイル処理関数を定義して、関数 open の機能を拡張できます。ここで xxx はファイル拡張子です。たとえば、関数 openlog を作成すると、関数 open は、.log 拡張子をもつすべてのファイルを処理するために関数 openlog を呼び出します。関数 open は、ユーザーの関数によって定義された単一の出力を返します。

A = open(name) は、name が MAT ファイルである場合は構造体を返し、name が Figure である場合は Figure のハンドルを返します。それ以外の場合、open は空の配列を返します。柔軟性とオプションを増やすため、MAT ファイルを開くには関数 load を使用し、Figure を開くには関数 openfig を使用します。

すべて折りたたむ

エディターでファイル num2str.m を開きます。MATLAB がファイル matlabroot\toolbox\matlab\strfun\num2str.m を開きます。num2str.m という名前のファイルが MATLAB パス上で toolbox\matlab\strfun よりも前のフォルダー内に存在する場合、MATLAB は代わりにそのファイルを開きます。

open num2str.m

MATLAB® パス上に存在しないファイルを開くには、ファイル指定子を最後まで入力します。ファイルが存在しない場合、MATLAB はエラー メッセージを表示します。

open C:\temp\data.mat

拡張子が .txt のファイルを処理する opentxt という関数を作成します。

function opentxt(filename)
   [~, name, ext] = fileparts(filename); 
   fprintf('You have requested file: %s\n', [name ext]);

   if exist(filename, 'file') == 2
     fprintf('Opening in MATLAB Editor: %s\n', [name ext]);
     edit(filename);
   else
      wh = which(filename);
      if ~isempty(wh)
         fprintf('Opening in MATLAB Editor: %s\n', wh);
         edit(wh);
      else
        warning('MATLAB:fileNotFound', ...
                'File was not found: %s', [name ext]);
      end
   end
   
end  

テキスト ファイルを作成します。

dlmwrite('myTestFile.txt',[1,2,3,4]);

ファイルからデータを読み取ります。関数 open は関数 opentxt を呼び出してファイルを開きます。

open('myTestFile.txt');
You have requested file: myTestFile.txt
Opening in MATLAB Editor: myTestFile.txt

入力引数

すべて折りたたむ

開くファイルまたは変数の名前。文字配列として指定します。name に拡張子が含まれていない場合、MATLAB は「関数の優先順位」に従って変数およびファイルを検索します。name が変数である場合、関数 open はそれを変数エディターで開きます。そうでない場合、関数 open はファイル拡張子に基づいて次のいずれかの操作を実行します。

.m または .mlx

コード ファイルを MATLAB エディターで開きます。

.mat

構文 A = open(name) で呼び出すと、構造体 A で変数を返します。

.fig

Figure ウィンドウで Figure を開きます。

.mdl または .slx

Simulink® でモデルを開きます。

.prj

MATLAB Compiler 配布ツールでプロジェクトを開きます。

.doc*

Microsoft® Word でドキュメントを開きます。

.exe

実行可能ファイルを実行します (Windows® システムのみ)。

.pdf

Adobe® Acrobat® でドキュメントを開きます。

.ppt*

Microsoft PowerPoint® でドキュメントを開きます。

.xls*

MATLAB インポート ウィザードを起動します。

.htm または .html

MATLAB ブラウザーでドキュメントを開きます。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?