Main Content

matlab.unittest.plugins.diagnosticrecord.LoggedDiagnosticRecord クラス

パッケージ: matlab.unittest.plugins.diagnosticrecord
スーパークラス: matlab.unittest.plugins.diagnosticrecord.DiagnosticRecord

ログが作成されたイベントの診断情報

説明

LoggedDiagnosticRecord クラスが定義する診断情報は、DiagnosticsRecordingPlugin によって TestResult に含まれるログ作成イベントに関連します。このクラスは DiagnosticsRecordingPlugin によって作成されるため、テスト作成者が直接構築する必要はありません。

プロパティ

すべて展開する

ログが作成された診断結果。文字ベクトルの cell 配列として返されます。1 つの log 呼び出しで複数の診断のログが作成される場合があります。

データ型: char

log メソッドが呼び出された時間。日付と時刻として返されます。

データ型: datetime

ログ メッセージの詳細レベル。matlab.unittest.Verbosity 列挙オブジェクトとして返されます。

例: Terse

以下のプロパティは matlab.unittest.plugins.diagnosticrecord.DiagnosticRecord から継承されます。

記録されたイベントの名前。文字ベクトルとして返されます。このプロパティは TestCase インスタンスのイベントに対応します。

例: 'VerificationPassed'

例: 'ExceptionThrown'

例: 'DiagnosticLogged'

データ型: char

イベントの位置。文字ベクトルとして返されます。このプロパティはテスト内容のラベルに対応します。

例: 'myTestClass'

例: 'myTestClass/testMethod1'

例: 'myTestClass[classSetupParam=value1]/testMethod1'

例: 'mySharedTestFixture'

データ型: char

イベントが発生したスコープ。matlab.unittest.Scope のインスタンスとして返されます。このプロパティはテスト内容のラベルに対応します。

例: matlab.unittest.Scope.TestMethod

例: matlab.unittest.Scope.TestClass

例: matlab.unittest.Scope.SharedTestFixture

診断イベントの位置のスタックトレース。filename および line の各フィールドを含む構造体として返されます。

データ型: struct

すべての診断情報。文字ベクトルとして返されます。レポートはイベントの全体的な概要を提供します。

データ型: char

メソッド

継承メソッド

selectFailed失敗したイベントの診断記録を返す
selectIncomplete未完了イベントの診断記録を返す
selectLoggedログが作成されたイベントの診断記録を返す
selectPassedパスしたイベントの診断記録を返す

バージョン履歴

R2016a で導入