Main Content

matlab.unittest.diagnostics.FileArtifact クラス

パッケージ: matlab.unittest.diagnostics

ディスク上のファイルに関連付けられたアーティファクト

説明

FileArtifact クラスを使用してディスク上のファイルを参照し、それらのファイルを新しい場所にコピーします。テスト フレームワークはこのクラスをインスタンス化するため、クラスのオブジェクトを直接作成する必要はありません。

構築

artifact = FileArtifact(filename) は、ディスク上の特定のファイルに関連付けられたアーティファクトを作成します。

入力引数

すべて展開する

ディスク上のファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: "myFile.txt"

プロパティ

すべて展開する

アーティファクトの名前。string スカラーとして返されます。たとえば、ファイル アーティファクトの絶対パスが "C:\Hello\World.txt" の場合、Name の値は "World.txt" になります。

アーティファクトが配置される親フォルダー。string スカラーとして返されます。

例: ファイル アーティファクトの絶対パスが "C:\Hello\World.txt" の場合、Location の値は "C:\Hello" です。

アーティファクトの絶対パス。string スカラーとして返されます。

例: "C:\Hello\World.txt"

メソッド

copyTo新しい場所へのアーティファクトのコピー

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

バージョン履歴

R2017a で導入