Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.mock.TestCase.forInteractiveUse

クラス: matlab.mock.TestCase
パッケージ: matlab.mock

モック オブジェクトの対話的な使用のための TestCase の作成

構文

tc = matlab.mock.TestCase.forInteractiveUse

説明

tc = matlab.mock.TestCase.forInteractiveUse は、対話型で使用する matlab.mock.TestCase のインスタンスを作成します。TestCase は、MATLAB® コマンド プロンプトで試すことができるように構成されています。TestCase は検定の失敗と成功に反応し、パスと失敗の両方の条件について画面にメッセージを表示します。

すべて展開する

MATLAB コマンド プロンプトで対話型で使用する TestCase を作成します。

import matlab.mock.TestCase;
testCase = TestCase.forInteractiveUse;

モックを作成します。

[mock,behavior] = testCase.createMock('AddedMethods',"myMethod");

失敗する検証を作成します。

testCase.verifyCalled(behavior.myMethod(123));
R2017a で導入