ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

StackedLineProperties のプロパティ

積み上げプロットにおける個々のラインの外観と動作

StackedLineProperties プロパティは、"積み上げプロット" の個々のラインの外観と動作を制御します。積み上げプロットでは、table または timetable の変数、または行列の列を、個別の y 軸にプロットし、垂直に積み上げることができます。プロパティの値を変更することによって、積み上げプロットの一部の特性を変更できます。

関数 stackedplotStackedLineChart オブジェクトを返します。これにより、このオブジェクトには LineProperties という名前の StackedLineProperties オブジェクトの配列があります。個々のラインのプロパティを設定するには、LineProperties にインデックスを付けて対応するオブジェクトのプロパティにアクセスします。

プロパティのクエリと設定にドット表記を使用できます。たとえば、その PlotType プロパティを使用して 3 番目のプロットを散布図に変更します。

T = readtable('outages.csv');
s = stackedplot(T);
c = s.LineProperties(3).PlotType
s.LineProperties(3).PlotType = 'scatter';

ラインの色。RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: 'blue'

例: [0 0 1]

マーカーの塗りつぶし色。'none'、RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: [0.3 0.2 0.1]

例: 'green'

マーカーの輪郭の色。'none'、RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。このプロパティの既定値は、Color プロパティの既定値と同じです。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: [0.5 0.5 0.5]

例: 'blue'

ライン スタイル。次の表にリストされたオプションのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

例: 0.75

マーカー記号。次の表に挙げる値のいずれかとして指定します。既定では、オブジェクトはマーカーを表示しません。マーカー記号を指定すると、各データ点または各頂点にマーカーが追加されます。

説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'pentagram' または 'p'星形五角形
'hexagram' または 'h'星形六角形
'none'マーカーなし

マーカー サイズ。ポイント単位の正の値として指定します。

例: 10

プロット タイプ。'plot''stairs' または 'scatter' として指定します。

R2018b で導入