ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

istall

入力が tall 配列であるかどうかを判別

構文

tf = istall(X)

説明

tf = istall(X) は、X が tall 配列の場合に logical 1 (true) を返します。その他の場合は logical 0 (false) を返します。出力 tf はメモリ内論理スカラーです。

すべて折りたたむ

配列を作成して、それが tall 配列であるかどうかを判別します。

X = tall(randn(1000,3))
X =

  1,000x3 tall double matrix

    0.5377    0.6737    0.2962
    1.8339   -0.6691    1.2008
   -2.2588   -0.4003    1.0902
    0.8622   -0.6718   -0.3587
    0.3188    0.5756   -0.1299
   -1.3077   -0.7781    0.7337
   -0.4336   -1.0636    0.1203
    0.3426    0.5530    1.1363
      :         :         :
      :         :         :
tf = istall(X)
tf = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。X には任意のデータ型を使用できます。

拡張機能

tall 配列
メモリの許容量を超えるような多数の行を含む配列を計算します。

R2016b で導入