ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isempty

配列が空かどうかを判別

説明

TF = isempty(A) は、A が空である場合は logical 1 (true)、それ以外の場合は logical 0 (false) を返します。空の配列、table、または timetable には、0 行 0 列または 0 行 5 列のように、長さが 0 の次元が少なくとも 1 つあります。

すべて折りたたむ

1 つの次元の長さが 0 に等しい 3 次元配列を作成し、それが空であるかどうかを判別します。

A = zeros(0,2,2);
TF = isempty(A)
TF = logical
   1

空配列と欠損値が含まれている配列を比較します。

MATLAB® では、空配列には長さが 0 に等しい次元が少なくとも 1 つあります。NaN または <undefined> のような欠損値が含まれている配列は、必ずしも空ではありません。

欠損値を含む categorical ベクトルを作成します。

cat1 = categorical([missing missing])
cat1 = 1x2 categorical array
     <undefined>      <undefined> 

長さが 0 の次元をもたないため、cat1 は空ではありません。

TF1 = isempty(cat1)
TF1 = logical
   0

0 行 0 列の categorical 配列を作成し、その配列が空かどうかをテストします。

cat2 = categorical([]);
TF2 = isempty(cat2)
TF2 = logical
   1

空の string 配列と文字を含まない string を比較します。

文字を 1 つも含まない string である string ベクトルを作成します。str1 は、長さが 0 の次元をもたないため、空ではありません。

str1 = strings(1,3)
str1 = 1x3 string array
    ""    ""    ""

TF1 = isempty(str1)
TF1 = logical
   0

0 行 3 列の string 配列を作成し、その配列が空かどうかをテストします。

str2 = strings(0,3);
TF2 = isempty(str2)
TF2 = logical
   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列または table。スカラー、ベクトル、行列、多次元配列、table または timetable として指定します。

ヒント

  • string 配列に空の string (文字を 1 つも含まない string 要素) があるかどうかを判別するには、== 演算子を使用します。たとえば、str が文字を 1 つも含まない string である場合、str == "" は logical 1 (true) を返します。空の string のテストの詳細については、空の string と欠損値のテストを参照してください。string の比較の詳細については、テキストの比較を参照してください。

  • 配列の欠損値をテストするには、関数 ismissing を使用します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

|

R2006a より前に導入