Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getNumOutputs

System object の呼び出しによる出力数

説明

num = getNumOutputs(obj) はオブジェクトの呼び出しによる出力数 num を返します。出力をオンまたはオフにするプロパティを変更した場合、この値は変化します。

オブジェクトが sink オブジェクトである場合、num は 0 になります。

すべて折りたたむ

Counter オブジェクトを作成し、プロパティを設定します。

obj = Counter;
obj.UseIncrement = false
obj = 
  Counter with properties:

    UseIncrement: 0
    UseWrapValue: 1
      StartValue: 1
       Increment: 1
       WrapValue: 10

オブジェクトを呼び出すために必要な入力と出力の数を取得します。

in = getNumInputs(obj)
in = 1
out = getNumOutputs(obj)
out = 1

入力引数

すべて折りたたむ

出力数をクエリする System object。

出力引数

すべて折りたたむ

System object の呼び出しによる出力数。

拡張機能

R2010a で導入