最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

現在のフォルダー ブラウザー

現在のフォルダー ブラウザーを開く

説明

現在のフォルダー ブラウザーでは、MATLAB® 内でファイルとフォルダーを対話的に管理できます。現在のフォルダー ブラウザーを使用して、現在のフォルダー内にあるファイルとフォルダーの参照、作成、開く、移動、および名前の変更を行います。

現在のフォルダー ブラウザー を開く

現在のフォルダー ブラウザーがまだ表示されていない場合は、次のいずれかを行ってブラウザーを開きます。

  • MATLAB ツールストリップ: [ホーム] タブの [環境] セクションで、[レイアウト] をクリックします。次に、[表示] セクションで [現在のフォルダー] を選択します。

  • MATLAB コマンド プロンプト: filebrowser と入力します。

すべて展開する

現在のフォルダーに新規ライブ スクリプトを作成します。

現在のフォルダー ブラウザーの空白部分を右クリックして、[新規ライブ スクリプト] を選択します。

MATLAB は、Untitledn.mlx という名前のライブ スクリプトを現在のフォルダーに作成して、選択します。

ライブ スクリプトの名前を入力して Enter キーを押します。たとえば、myLiveScript と入力して、Enter キーを押します。MATLAB はライブ スクリプトの名前を myLiveScript.mlx に変更します。

プログラムによる使用

すべて展開する

filebrowser は、現在のフォルダー ブラウザーを開きます。現在のフォルダー ブラウザーが既に開いている場合、MATLAB はツールを選択します。

R2006a より前に導入