Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Git リポジトリからのクローン

リモート Git™ リポジトリをクローンしてリポジトリ ファイルを取得します。

  1. 現在のフォルダー ブラウザーの空白領域 (任意の空白領域) で右クリックし、[ソース管理][ファイルの管理] を選択します。

  2. [ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスで、[ソース管理統合] リストから [Git] を選択します。

  3. リポジトリの場所がわかっている場合は、それを [リポジトリのパス] フィールドに貼りつけます。

    そうでない場合、ファイルを取得するリポジトリ パスを参照して検証するには、[変更] をクリックします。

    1. [リポジトリの選択] ダイアログ ボックスで、[リモート] ボタン を使用してリポジトリを参照します。

    2. [検証] をクリックしてリポジトリ パスを確認します。

      リポジトリの認証ダイアログ ボックスが表示された場合は、ログイン情報を入力して続行します。

    3. パスが有効であれば、[OK] をクリックします。ダイアログ ボックスが閉じ、[ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスに戻ります。

  4. [ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスで、取得したファイルを格納するサンドボックス フォルダーを選択し、[取得] をクリックします。

    リポジトリの認証ダイアログ ボックスが表示された場合は、ログイン情報を入力して続行します。

トラブルシューティング

たとえば、大きな Git リポジトリのクローン中などに OutOfMemoryError: Java heap space のようなエラーが発生する場合は、MATLAB® 基本設定を編集してメモリ サイズを増加します。

  1. [ホーム] タブの [環境] セクションで [基本設定] をクリックします。

  2. [MATLAB][一般][Java ヒープ メモリ] を選択します。

  3. スライダーを動かしてヒープ サイズを増やし、[OK] をクリックします。

  4. MATLAB を再起動します。

関連するトピック