Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ソース管理対象のファイルの移動、名前の変更、または削除

ファイルの移動、名前の変更、削除は、MATLAB® ソース管理のコンテキスト メニュー オプションまたは他のソース管理クライアント アプリケーションを使用して行ってください。

ソース管理の対象のファイルを移動するには、現在のフォルダー ブラウザーでファイルを右クリックし、[ソース管理][移動] を選択して、新しいファイルの場所を入力します。

ソース管理の対象のファイルの名前を変更するには、現在のフォルダー ブラウザーでファイルを右クリックして、[ソール管理][名前の変更] を選択し、新しいファイル名を入力します。

リポジトリからファイルを削除するには、ファイルを削除対象としてマークします。

  • ファイルをリポジトリからの削除対象としてマークし、ローカル コピーを残しておくには、[現在のフォルダー] ブラウザーでファイルを右クリックします。[ソース管理][SVN から削除] または [Git から削除] を選択します。ファイルがソース管理からの削除対象としてマークされると、その記号が [削除されました] に変わります。ファイルは、次のコミット時に、リポジトリから削除されます。

  • ファイルをリポジトリまたはディスクからの削除対象としてマークするには、[現在のフォルダー] ブラウザーでファイルを右クリックします。[ソース管理][SVN とディスクから削除] または [Git とディスクから削除] を選択します。ファイルは [現在のフォルダー] ブラウザーから消え、即座にディスクから削除されます。ファイルは、次のコミット時に、リポジトリから削除されます。

関連するトピック