Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

新しいリポジトリの作成

ローカル システムでの Git リポジトリの作成

バージョン管理を別のユーザーと共有せずにファイルに追加する場合は、ローカル システムで Git™ リポジトリとサンドボックスを作成するのが最も簡単です。代わりに既存のリモート Git リポジトリのクローンを作るには、Git リポジトリからのクローンを参照してください。

メモ

ソース管理を使用する前に、破損を防ぐため、バイナリ ファイルをソース管理ツールに登録する必要があります。詳細は、バイナリ ファイルの Git への登録を参照してください。

ローカル システムで Git リポジトリとサンドボックスを作成するには、以下を行います。

  1. MATLAB® の現在のフォルダー ブラウザーの空白部分 (任意の空白領域) を右クリックし、[ソース管理][ファイルの管理] を選択します。MATLAB で [ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [ソース管理統合] リストで、[Git] を選択します。

  3. [変更] ボタンをクリックします。MATLAB で [リポジトリの選択] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. [ディスク上に Git リポジトリを作成します] () ボタンをクリックします。

  5. リポジトリを作成するための空のフォルダーを選択するか新しいフォルダーを作成し、[フォルダーの選択] をクリックします。MATLAB はリポジトリを作成し、ダイアログ ボックスを閉じて、[リポジトリの選択] ダイアログ ボックスに戻ります。

  6. [検証] をクリックして新しいリポジトリへのパスを確認し、[OK] をクリックします。MATLAB はダイアログ ボックスを閉じ、[ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスに戻ります。

  7. [サンドボックス] フィールドで、サンドボックスの場所を指定します。選択したフォルダーは空でなければなりません。

  8. [取得] をクリックしてサンドボックスを作成します。

Git リポジトリとサンドボックスを作成した後、サンドボックスにファイルを追加します。次に、ファイルの最初のバージョンを新規リポジトリにコミットします。詳細については、ソース管理に追加するファイルへのマークを参照してください。

また、リポジトリの作成後にリポジトリ URL を変更することもできます。現在のフォルダー ブラウザーで、ソース管理対象のフォルダー内を右クリックして [ソース管理][リモート] を選択し、新しい URL を指定します。

Git のブランチをマージするには、追加の設定手順がいくつか必要です。詳細については、コマンド ライン Git クライアントのインストールと MATLAB インストールの構成を参照してください。

ローカル システムのリポジトリで Git サーバーを使用するには、独自の Apache™ Git サーバーを設定するか、Git サーバー ホスティング ソリューションを使用できます。サーバーが設定できず、file:/// プロトコルを使用したファイル システムを介してリモート リポジトリを使用しなければならない場合は、それが、作業コピーがチェックアウトされていない裸の状態のリポジトリであることを確認してください。

SVN リポジトリの作成

SVN リポジトリを作成して、ファイルにバージョン管理を追加することもできます。代わりに既存の SVN リポジトリをチェックアウトするには、SVN リポジトリからのチェックアウトを参照してください。

メモ

  • ソース管理を使用する前に、破損を防ぐため、バイナリ ファイルをソース管理ツールに登録する必要があります。バイナリ ファイルの SVN への登録を参照してください。

  • SVN サンドボックスに使用するフォルダーがローカル ハード ディスク上にあることを確認します。ネットワーク フォルダーを SVN で使用すると、速度が低下し、信頼性も低下します。

SVN リポジトリを作成するには、以下を行います。

  1. MATLAB の現在のフォルダー ブラウザーの空白部分 (任意の空白領域) を右クリックし、[ソース管理][ファイルの管理] を選択します。MATLAB で [ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [ソース管理統合] リストで、[SVN] を選択します。

  3. [変更] ボタンをクリックします。MATLAB で [SVN リポジトリ URL の指定] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. [フォルダーに SVN リポジトリを作成] () ボタンをクリックします。

  5. 空のフォルダーを選択するか、リポジトリを作成する新しいフォルダーを作成して [フォルダーの選択] をクリックします。

    MATLAB は、選択したフォルダーにリポジトリを作成し、ダイアログ ボックスを閉じて [SVN リポジトリ URL の指定] ダイアログ ボックスに戻ります。新しいリポジトリの URL が [リポジトリ] ボックスに設定され、プロジェクトで trunk フォルダーが自動的に選択されます。単一ユーザーのみを対象に file:// URL を指定し、新しいリポジトリを作成します。複数ユーザーの場合は、Subversion リポジトリの共有を参照してください。

  6. [検証] をクリックして新しいリポジトリへのパスを確認し、[OK] をクリックします。MATLAB はダイアログ ボックスを閉じ、[ソース管理を使用したファイルの管理] ダイアログ ボックスに戻ります。

    SVN リポジトリにファイルの URL が含まれる場合、ファイルの URL が単一ユーザー用であることを示す警告が表示されます。[OK] をクリックして続行します。

  7. [サンドボックス] フィールドで、サンドボックスの場所を指定します。たとえば、ソース管理に追加するファイルを含むフォルダーを選択します。

  8. [取得] をクリックしてサンドボックスを作成します。

SVN リポジトリとサンドボックスの作成後、ファイルの最初のバージョンを新しいリポジトリにコミットできます。詳細については、ソース管理に追加するファイルへのマークを参照してください。

関連するトピック